ちくま文庫
書斎の宇宙―文学者の愛した机と文具たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 314p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480431264
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

机や原稿用紙、万年筆などにまつわる身近な思い出話を通して、文学者たちの執筆活動の裏側を垣間見せてくれるアンソロジー。59篇収録。文庫オリジナル。

内容説明

机、原稿用紙、万年筆、鉛筆…。身近な文具にまつわるエッセイを通じて、家族や友人、師との関わり、若かりし日々の思い出、執筆に当たっての葛藤など、創作活動の秘密を浮かび上がらせるアンソロジー。全59篇収録。

目次

1 わたしの机たち(「机」(室生犀星)
「朱き机の思出」(里見〓(とん)) ほか)
2 机上風景(「書卓の上」(島村抱月)
「わたくしの執筆癖」(日夏耿之介) ほか)
3 原稿用紙と筆記具(「原稿用紙その他」(石川欣一)
「先輩の忠告」(安岡章太郎) ほか)
4 机の周辺(「地球儀」(澁澤龍彦)
「ファクス深夜便」(大岡信) ほか)
5 わたしの書斎(「書斎」(野村胡堂)
「書斎」(伊藤整) ほか)

著者等紹介

高橋輝次[タカハシテルツグ]
1946年三重県伊勢市生まれ、神戸市育ち。大阪外国語大学卒。創元社をへてフリー編集者になる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

やまゆ

7
戦中の話から現在のメールに至るまで幅広いエッセイ集。作家たちの筆記具や原稿用紙、机などに関するこだわりは読んでいて微笑ましいところがある。2014/09/14

yarake isuke

5
図。968円。書斎や文具をめぐるアンソロジー。大正昭和の文章は言い回しや漢字の使い方が高尚で、漢和辞典を引きながら読むが結局わからないものもあった。原稿用紙についての作品が興味深かった。パソコンが主流と思われる2021年にあって、書斎はどうなっているのだろうか。道具などにこだわらずに書く、もしくは道具を整えてから書くいずれかなのだろうか。書斎というか自分の部屋が欲しい。2021/08/27

S_Tomo

5
戦前から現代までに活躍した&活躍中の文学者(多くは小説家だが文学者や詩人、漫画家も登場)が自分の書斎そのものや、その中にあるものについての思いを綴ったエッセイ集。今やとんとお目にかからなくなった原稿用紙や、親子二代にわたって使われ続ける机とか、時代の流れに伴う「こだわり」の変動が実に面白い。2014/01/08

のみこ

4
各人がこだわりを持って道具を愛している様子が、息遣いそのまま伝わってくるアンソロジー。時代と共に移り変わっているように見えて、実は人間の趣味趣向ってヤツはさほど変わらないのかも。2014/01/07

よっちん

3
図書館。小檜山博の話よかった2014/03/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7753818

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。