ちくま文庫<br> 中華料理の文化史

個数:

ちくま文庫
中華料理の文化史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月27日 06時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 286p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480430694
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C0177

出版社内容情報

フカヒレ、北京ダック等の歴史は意外に浅い。ではそれ以前の中華料理とは? 孔子の食卓から現代まで、風土、異文化交流から描きだす。

内容説明

フカヒレの歴史はせいぜい三百年、北京ダックはたかだか百年あまり。ではそれ以前の中華料理とはどのようなものだったのか?主要穀物やマナーの変化、外食業の誕生、好まれる肉の移り変わり、異民族との交流による料理法の変貌―さまざまな観点から描き出される「中華料理」の姿。孔子の食卓から加速度的に進化する現代の料理までを駆け巡る芳醇な中国文化史。

目次

序章 変わる中華料理
第1章 孔子の食卓―春秋戦国時代
第2章 ラーメンの年輪―漢代
第3章 食卓のビッグバン―魏晋・六朝時代
第4章 犬肉を食うべきか食わざるべきか―隋唐時代
第5章 羊肉VS豚肉―宋代
第6章 箸よ、おまえもか―宋元時代
第7章 ああ、フカヒレ―明清時代

著者等紹介

張競[チョウキョウ]
1953年、上海生まれ。明治大学教授(比較文化学)。上海の華東師範大学を卒業、同大学助教を経て日本留学。東京大学大学院総合文化研究科比較文化博士課程修了。国学院大学助教授、ハーバード大学客員を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ああああ

11
天ぷら、寿司、キムチにピザマルゲリータ、国や地域の特色とされる料理も、その年齢はとても浅い。もちろん世界に冠たる中華料理もまた同様だ。その4千年の歴史に比べてうつろいゆく食の歴史は薄く・浅いようにも思えるが、著者の言うとおりそれを残念がる必要は全くないと思った。あらゆる民族や文化を超えて、食材や料理(と言うより美味しいもの!)の伝播が、人類にとって重要だという証拠なのだから。「邯鄲の夢」において老人が煮ていた粥の中身を気にしたり、故郷の料理名の変化にあわてる著者のエピソードも楽しい。2016/03/25

8
お箸を横向きから縦向きに置くようになったのはいつか、とか、唐辛子を使った料理は19世紀になってから、とか、春秋戦国時代から現代までの中華料理の歴史を網羅したこれ1冊で大満足な本。犬を食べなくなる経緯に騎馬民族がかかわってるとの推察が興味深かった。2017/12/31

ヨックモック

6
中華料理の歴史とは言えど、食文化が洗練されたのはせいぜいここ数世紀の話で、それ以前は他の地域と同様シンプルで原始的なものが食べられていたのだろう。そんな先入観を打ち破った一冊。中国人の美味への執着は凄まじい。二千年前の料理でも実に様々な香辛料や調味料が加えられ、調理法が工夫されている。「胡炮肉」など読んでて涎が垂れてしまう/かねてより不思議だった中華料理の包容力。あらゆる国でアレンジされ、異国の技法や作法や食材をどんどん取り入れても、中華料理は中華料理のままなのだだ。その秘密も歴史にあった。スケールが違う2016/11/09

May

5
中国における食の歴史を、各書から丹念に拾い、整理して紹介する。知らないことが多く、面白い。中国の食の特色は多様性と雑種性とのこと。様々な民族が支配者として君臨し、その期間も明、清とかなりの長さだから、それ以前からそうだったと思わせるほどに定着するんですね。数年前に仕事でお付き合いのあった北京女子は、何はなくても牛肉という感じだったけど(その上司も牛好きだった)、本書では中国人は豚と鶏だと。社会の変化に合わせて食も変化するわけだけど、中国でのスピードはかなり速いのかもしれない。おすすめノンフィクションです。2020/08/02

富士さん

5
再読。文化史というジャンルは、ともすればただ事実を集めただけの衒学趣味になりがちだと思うのですが、本書はちゃんと中国史の一環としての料理が描かれていてよい本です。結果、中国が農耕民の遊牧民の混合文化であることが鮮明に浮かび上がり、イデオロギーでは覆いきれないその地のホンネが料理を通じてよくわかります。うまいものと食いなれたものには抗しきれない、体は正直です。日本もそうですが、伝統文化などと言ってもせいぜい300年くらいの歴史しかなく、しょせん伝統は現代人の流行にすぎないことは肝に銘じるべきでしょう。2020/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6861408

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。