ちくま文庫<br> パンダの死体はよみがえる

電子版価格 ¥770
  • 電書あり

ちくま文庫
パンダの死体はよみがえる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 258p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784480430601
  • NDC分類 481.1
  • Cコード C0145

出版社内容情報

パンダの「偽の親指」は間違いだった。通説を疑い、動物の遺体に真正面から向き合うことによって「遺体科学」の可能性を探っていく。

内容説明

現代社会では“生ごみ”扱いにされてしまう動物たちの遺体。しかし、そこには生物の進化の謎を解き明かすヒントが詰まっている。遺体を注意深く観察し、辛抱強く対話を続けること。すると、やがて遺体は隠された秘密を私たちに語り始めるのだ。「遺体科学」が到達した豊かな知の世界を、モグラからゾウ、そしてパンダまで、あらゆる動物遺体と格闘する解剖学者の日々を通して垣間見せてくれる格好の入門書。

目次

第1章 息絶える巨象(死の現場;モノとしての遺体 ほか)
第2章 パンダの指は語る(人気者との再会;不器用なクマ ほか)
第3章 語り部の遺体たち(旅の真相;ハプスブルク家のコウモリ ほか)
第4章 解剖学から遺体科学へ(パンダは臭いか;遺体を集め、遺体に問う ほか)

著者等紹介

遠藤秀紀[エンドウヒデキ]
1965年東京都生まれ、東京大学農学部卒。国立科学博物館、京都大学霊長類研究所を経て、東京大学総合研究博物館教授。博士(獣医学)。旧来の解剖学の枠組みを越えて動物の遺体と社会の関係を問い、遺体を未来に残す活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

おーすが

14
動物の遺体に向き合い、どこにどう学術的に価値を見いだすかを検討する筆者のまなざしは、素材の味をあますところなく引きださんとする一流シェフのよう。ゾウ解体の臨場感。パンダに7本目の指の発見!の興奮がつたわる一冊。アリクイと猿人類の頭骨の差から、生存戦略と優先事項を読み解くところが素敵。ヒトは脳を保存するために、丸い頭を手に入れた。2020/04/13

yamakujira

8
動物死体の保存に尽力する解剖学者の現場記録と研究発表と現状批判、読みやすい本なのに鬼気迫る迫力が伝わる。動物の死体をあえて「遺体」と呼ぶのには違和感があるけれど、体組織を試料として使いながら死体を忌避する学者への非難は共感できる。パンダの「偽の親指」にまつわる新発見は、動物学的にすごいと思う一方で、どうでもいいじゃないか、という冷めた感想も心の隅に生じる。でも、役に立つのかわからない物事を究めるのが学問なんだよね。営利に走る大学や博物館への批判は、世の中すべてに向けられてるんだろう。 (★★★☆☆)2016/01/05

ラウリスタ~

8
門外漢が読んでも分かりやすく、学問の本質を突き、そして営利会社と化す現在の大学のあり方を厳しく断罪する本。動物の「遺体」をしっかりと解剖し、保存することがどれほど学術研究において重要であるかということについて、こんこんと語られる。こういった学問の基礎の基礎に関しては、日本は未だに三流国のようだ。一年、二年で結果の出る、金になる研究ばかりを要求する現在の大学、博物館全体に対する深い怒り。2014/04/08

yuk

2
面白科学本的なものを想像して読んだのだけど、研究への情熱と現代社会・研究機関としての大学の在り方への皮肉、怒りが強くて感情の温度が高く面白い。動物に関する部分はわかりやすく、やさしい。2017/07/22

うめ

2
学ぶことの面白さがつたわります。何かを見て、心の底から感嘆し、その美しさを理解するには、学ばなければなりません。学ぶ過程には苦しいこともあるでしょうが、秘められた美しさを美しいと感じた時の恍惚に比べれば、なんと言うほどの事も無いでしょう。私もこれから先、まだ見ぬ美しさを体感するために、たくさん学んでいきたいです。2013/07/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6754159

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。