ちくま文庫<br> 9条どうでしょう

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
9条どうでしょう

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月17日 13時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 236p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784480429940
  • NDC分類 323.142
  • Cコード C0132

内容説明

「憲法九条をどうすべきか」。護憲派にも改憲派にも言い分はあるでしょう。しかし、原理主義的に考えているだけではこの閉塞状態はどうにもならない。これを打ち破るには、「虎の尾を踏むのを恐れない」言葉の力が必要なのだ。「九条と自衛隊のねじれによる病の効用」「男は戦争が大好き」「現実性より方向性」「普通の国のチープさ」などなど、他では読めない洞察が満載のユニークな憲法論。

目次

憲法がこのままで何か問題でも?(自衛隊と憲法の「ねじれ」について;憲法九条と自衛隊の「矛盾」 ほか)
改憲したら僕と一緒に兵隊になろう(拝啓天皇陛下様;憲法九条は去勢 ほか)
三十六計、九条に如かず(二〇〇六年、愛国発作を懸念する;国辱の元凶探しを恐れる ほか)
普通の国の寂しい夢―理想と現実が交錯した二十年の意味(明題はそこにあるのではない;「法」の彼岸で生きる人々と、それを見ている観客 ほか)

著者紹介

内田樹[ウチダタツル]
1950年東京生まれ

小田嶋隆[オダジマタカシ]
1956年東京赤羽生まれ。コラムニスト

平川克美[ヒラカワカツミ]
1950年東京生まれ。リナックスカフェ社長

町山智浩[マチヤマトモヒロ]
1962年東京生まれ。映画評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「改憲論議」の閉塞状態を打ち破るには、「虎の尾を踏むのを恐れない」言葉の力が必要である。四人の書き手によるユニークな洞察が満載の憲法論!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件