江戸川乱歩―1894‐1965

個数:

江戸川乱歩―1894‐1965

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月15日 16時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 476p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480425072
  • NDC分類 918.6
  • Cコード C0193

内容説明

猟奇とあやかしの果てまで行ってみよう―18編収録。

著者等紹介

江戸川乱歩[エドガワランポ]
1894‐1965。本名平井太郎。三重県名張の生まれ。早稲田の学生時代に英米の推理小説を耽読。卒業後、会社員、古本屋、新聞記者など職業を転々としたのち、大正12年(1923)、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ばりぼー

60
「押絵と旅する男」と「群集の中のロビンソン・クルーソー」(随想)が目当てで借りました。やはり乱歩の真骨頂は奇想・幻想小説にあるというのがよくわかります。「そんなバカな⁉︎」と声を上げてしまうほど荒唐無稽と紙一重、でも強引に納得させられてしまう魅力があり、これを子供の時に読んでいたら望遠鏡は絶対に逆さに覗けなくなっていたでしょうね(笑)。代表的な短編を読むだけなら、新潮文庫の「傑作選」で十分でしょう。「探偵小説の謎」で内外の名作を紹介していますが、ネタばらしの連発ですので要注意、私はすっとばしました。2015/05/09

優希

46
面白かったです。乱歩のエッセイも収録されているのが嬉しいところでした。2022/02/08

優希

40
再読です。やっぱり乱歩は面白いと思わされました。初期の短編、エッセイ、推理小説への評論など内容も充実しているように思いました。2023/10/24

読書好きのハシビロコウ

13
夏になると乱歩を読みたくなります。うだるような暑さの中に見る蜃気楼のような幻想のイメージが印象にあるためでしょう。初っ端に収録されている「白昼夢」をはじめ、この本にはまさにそうした雰囲気の作品がたくさん収められています。特に好きなのは「押絵と旅する男」。不気味ながらも温かみのある余韻が好きです。そして、今回まとまった作品を読んで気付いたことは、乱歩はホラーというイメージだけども、怖い雰囲気を漂わせて、「なーんちゃって、驚いた?」というオチが多く、乱歩自身怖いのはあまり好きじゃないのでは?ということでした。2023/08/03

海恵 ふきる

10
乱歩のエッセイを読むのは初めてだったが、これがなかなか儲けものであった。『押絵と旅する男』もずっと読んでみたかったので、読めてよかった。素人のぼくが言えることでもないのだが、推理小説家は因果な商売だと思う。どこの国であろうが人間誰しも考えることは一緒なので、トリックの種類なんてたかが知れている。誰かが用いたトリックと同じものを使ってオリジナリティーを出さなければならない。乱歩はストーリーテリングの上手さで他の推理作家と一線を画している。推理小説は数あれど、この幻想性・耽美性・抒情性は唯一無二だ。2021/10/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/456674
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。