ちくま学芸文庫<br> 「やさしさ」と日本人―日本精神史入門

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
「やさしさ」と日本人―日本精神史入門

  • 竹内 整一【著】
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 筑摩書房(2016/02発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/20~8/25)
  • ポイント 20pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月25日 18時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480097200
  • NDC分類 121.04
  • Cコード C0112

出版社内容情報

「やさしい」という言葉は何を意味するのか。万葉の時代から現代まで語義の変遷を丁寧にたどり、日本人の倫理の根底をあぶりだした名著。解説 田中久文

内容説明

「やさしさ」は日常ではごくあたりまえに求められる倫理感情である。高度成長期の終わり以降、この言葉はさまざまな場面でインフレ気味に使われ、中身も変質し空疎化してきた。「やさしさ」は、もはや論じるに値しないのか。そうではないだろう、と著者は言う。そこにある確かな語感に倫理を賦活する可能性を看取している。万葉の時代から現代までどのようにこの言葉が捉えられてきたか、その歴史の厚みを丁寧に解きほぐし、日本人の心の基層を明らかにした名著。

目次

第1章 「やさしさ」の現在(「やさしさ」の現状分析;傷つくことと「やさしさ」;ゼロ年代以降の「やさしさ」;太宰治の「やさしさ」)
第2章 「やさし」の精神史(羞恥としての「やさし」;美的理念としての「やさし」;当座の倫理としての「やさし」;情け深さとしての「やさし」)
第3章 「やさしさ」の倫理学(「やさしさ」の自他認識;共感としての「やさしさ」;原質としての「やさしさ」;無常と「やさしさ」)

著者等紹介

竹内整一[タケウチセイイチ]
1946年長野県生まれ。東京大学文学部倫理学科卒業。現在、鎌倉女子大学教授、東京大学名誉教授。専門は倫理学、日本思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

42
太宰治は文化の本質にやさしさを見てとっている(016頁)。文化能力・倫理能力としてのやさしにも、場なり共同体なりが所与として前提されていた(171頁)。距離ある相手の苦しみや悲しみをいかに思いやり、共感できるのかは、倫理学の基本問題。厄介な問題であり続ける(176頁~)。要するに、思いやり、つまり、他者への配慮。これは想像力なくしてできない。2016/07/03

SOHSA

41
《譲受本》「やさしさ」という言葉とその意味・用法の変遷から日本人の持つ思想の読み解きを試みる著作。平安の昔から現代に至るまでの日本人の変化はその言葉の変化、意味の変化をなぞることで新たな風景が見えてくるようだった。それにしても「やさしさ」とはなんであるのか。その答えはやはりわからない。胸の中に渦巻くある種の感情がおそらくはその正体なのだろうけれど、それを他の言葉に置換することはできない。それこそが日本語源泉でありかつ日本人の思想の根源なのかもしれない。答えは見えない。2020/11/05

弥勒

15
「やさしさ」とは、人間の根底にあるものであり、人間の尊さの証明でもある。その大事な構成要素として「恥」「敏感さ」「受苦」がある。そして、これらは「弱き者」にしか持ち得ぬ者なのである。太宰治はその意味で、やさしき人間だつたのだろう。私もなぜ太宰治の文学がかうも優しく思はれるのか不思議でならなかつたが、この本を読むでなんだかわかつた気がした。私も人にやさしくありたいと願う気持ちはある。しかし、意識してやさしくあることは「やさしさ」とは違ふのもわかつてゐる。本当に「やさしく」あることは難しいとつくづく思つた。2016/02/21

ラウリスタ~

14
冒頭50ページほどの現代日本における「やさしさ」に対する問題意識は非常に身にしみる。どうせ分かり合えるとタカをくくって人の話を真面目に聞こうともせずニコニコしているのが「やさしさ」なら、そんなものは日本からすぐさまなくなってしまえばいい。さて、竹内は「やさしさ」という言葉が全く正反対の意味をも含む多数の用法(肯定・否定どちらも)で用いられていることを人気ソングの歌詞から分析し、その後『万葉集』からの「やさし」の系譜を現代まで下る。それでもなお、やさしさの可能性をあきらめない本。2016/05/01

またの名

8
「優しいものはとても恐いから泣いてしまう 貴方は優しいから」とパラドックス的なやさしさを歌う鬼塚ちひろを含む現代Jポップの用法から古代の文献までを渉猟し、この語に倫理的な内実を籠められないか探求。言葉は基本的に空っぽの入れ物なのでそこに注がれる意味も使い手や時代によっていくらでも変わりうるけれど、傷を避けたり癒したり逆に招くことや羞恥や優美や幽玄や容易など幅広い意味を持たされてきたやさしさにヒントを求める。それだけ重要な言葉ならイデオロギー強化的にも十分作用しうるという点よりも肯定的な可能性を目指した本。2017/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10170704
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。