ちくま学芸文庫<br> 生活世界の構造

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
生活世界の構造

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月18日 07時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 634,/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480097057
  • NDC分類 361
  • Cコード C0110

出版社内容情報

「事象そのものへ」という現象学の理念を社会学研究において実践した世界的名著。日常を生きる普通の人びとの視点から、日常生活世界の「自明性」を問うことで社会的現実のありようを考察する「現象学的社会学」の全貌が、本書により明らかにされる。ウェーバーの「理解社会学」とフッサールの「自然的態度の構成的現象学」を引き継ぎ発展させた最晩年のアルフレッド・シュッツは、その研究を集大成すべく試みたが、惜しくもその途上で没した。その後、シュッツの遺した膨大な資料をもとに、高弟トーマス・ルックマンが加筆・編集して完成させた画期的論攷。第一章ー第四章、シュッツの「知の理論」を待望の全訳。ルックマンによる「日本語版への序文」を収録した。

内容説明

「事象そのものへ」という現象学の理念を社会学研究において実践した世界的名著。日常を生きる普通の人びとの視点から、日常生活世界の「自明性」を問うことで社会的現実のありようを考察する「現象学的社会学」の全貌が、本書により明らかにされる。ウェーバーの「理解社会学」とフッサールの「自然的態度の構成的現象学」を引き継ぎ発展させた最晩年のアルフレッド・シュッツは、その研究を集大成すべく試みたが、惜しくもその途上で没した。その後、シュッツの遺した膨大な資料をもとに、高弟トーマス・ルックマンが加筆・編集して完成させた画期的論攷。待望の本邦初訳。

目次

第1章 日常の生活世界と自然的態度(自然な世界観の問われることのない地盤としての生活世界;疑いのない所与と問題的なもの;体験する主観にとっての生活世界の構造化;プランと実行可能性)
第2章 生活世界の成層化(限定的な意味構造をもった現実の諸領域;日常の生活世界の成層化)
第3章 生活世界についての知識(知識集積―その状況関係性と発生、構造;レリヴァンス;類型性)
第4章 知識と社会(主観的知識集積の社会的条件づけ;社会的な知識集積の成立;社会的な知識集積の構造;社会的な知識集積の主観的対応物)

著者等紹介

シュッツ,アルフレッド[シュッツ,アルフレッド] [Sch¨utz,Alfred]
1899‐1959年。ウィーン生まれの現象学的社会学の学祖

ルックマン,トーマス[ルックマン,トーマス] [Luckmann,Thomas]
1927年、旧ユーゴスラビア(現スロベニア)生まれの社会学者

那須壽[ナスヒサシ]
早稲田大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

37
2003年初出。序:シュッツは1932年にシュプリンガー社から初の『社会的世界の意味構成』を刊行。哲学と社会科学の境界領域に関わる研究に取り組み続けた(023頁)。日常生活世界とは、常識的態度のうちにいる十分に目覚めた通常の成人が、端的な所与として見出す現実領域のことと理解されるべき(044頁)。生活世界は、はじめから相互主観的(064頁)。生活世界は、実践領域で、 行為(・点)の領域(069頁)。生活世界は 共通する(傍点)経験からなる世界(159頁)。2016/05/03

鏡裕之

3
ぼくらが日々、生活し、人々と話し、仕事をし……という生活世界に対して、現象学を当てはめて分析してみせた1冊。ぼくらは「我々」を自分たちを含めた仲間として、そして「彼ら」を自分たちとは違う集団として扱う。「彼ら」と言う時、そこには類型化と匿名性が含まれている。たとえば「官僚」とか「●●人」とかね。官僚っていったらこういうパターンってのがあって、しかも、名前(固有名)がない。でも、自分が直接知っている一人の人間になった途端、類型化と匿名性が薄れる。凄く当たり前のことなんだけど、はっとさせられる。2016/03/01

Nakaki Takao

2
『退屈させずに世界を説明する方法』のピーター・バーガーと共著で『日常の社会的構成』で社会構成主義をぶちあげたトーマス・ルックマンが、現象学的社会学のアルフレッド・シュッツの遺稿を完成させたもの。看護学にとってこの流れは大切ですね2015/12/01

Wataru Sano

1
最近ちくまのラインナップはキレキレですね。2015/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9871152

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。