• ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
第2言語習得のメカニズム

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 263p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480087584
  • NDC分類 807

内容説明

日本における英語など第2言語を習得する際、学習者は、性別、年齢、第1言語の別を越えて、驚くほど似かよった文法上の誤りを犯します。これは、「第2言語習得」のプロセスが、ある種普遍的特性を持っていることを逆説的に暗示しているにほかなりません。本書は「学習者の頭の中で起こっていること」を理解した上で、効果的で効率よく「英語」を学び、教えるために、言語習得のメカニズムを平易に説き明かします。発売以来、世界各国でベストセラーの地位を維持し続けているユニークな一冊。

目次

第1部 概説(はじめに:第2言語習得の記述と説明;学習者言語の本質;学習者の中間言語;中間言語の社会的側面;中間言語の談話的側面;中間言語の心理言語的側面;中間言語の言語的側面;第2言語習得における個人差;教室での言語指導と第2言語習得;おわりに:第2言語習得の複眼的視点)
第2部 リーディング
第3部 参考文献
第4部 用語解説

著者紹介

エリス,ロッド[エリス,ロッド][Ellis,Rod]
1944年、イギリス生まれ。ノッティンガム大学卒業後、リーズ大学とブリストル大学で英語教育学修士号を取得。さらに1982年、ロンドン大学で言語学博士号を取得。イーリング高等教育大学(イギリス)、テンプル大学(日本)、テンプル大学(アメリカ)で教授を歴任後、1997年よりオークランド大学(ニュージーランド)にて「応用言語学科」の教授として教育・研究に携わり、現在に至る

牧野高吉[マキノタカヨシ]
1942年、北海道生まれ。明治学院大学を卒業後、1979年にニューメキシコ大学(アメリカ)で教育言語学博士号を取得。同年、「エレック賞」を受賞。1999年まで北海道教育大学教授。現在、執筆・翻訳のほか、社会人を対象に自らの「第2言語習得論」に基づく英会話指導を実践中。著書、翻訳、辞典、論文多数