ちくま学芸文庫<br> 隠遁の思想―西行をめぐって

  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
隠遁の思想―西行をめぐって

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 297p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480086730
  • NDC分類 911.142

内容説明

かつて、隠遁とは世俗世界を離脱して辺境に赴くことであった。そして、その背後にはもう一つの世界の存立が予感されていた。原郷世界である。原郷世界とは、人びとが本来そこに在るべきはずの世界であり、自己の生の究極の拠り所とは何かの問いに対する答えてして存立した。隠遁とはまさに、その原郷世界を目指すことに他ならなかったのだ。西行の隠遁を中心に考察される本書は、原郷を失って久しい現代人に、そこに近接する通路を示す。

目次

序章 なぜ隠遁か―夏目漱石『行人』をてがかりとして
第1章 世俗世界からの離脱
第2章 辺境への往還
第3章 原郷世界の夢想

著者紹介

佐藤正英[サトウマサヒデ]
1936年、長野県生まれ。東京大学文学部倫理学科卒業。同大学院博士課程満期退学。東京大学文学部教授を経て、現在、東京大学名誉教授、共立女子大学文芸学部教授