ちくま学芸文庫<br> サマルカンド年代記―『ルバイヤート』秘本を求めて

  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
サマルカンド年代記―『ルバイヤート』秘本を求めて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 494p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480086693
  • NDC分類 953

内容説明

イスラーム中世の思想家にして天才的天文学者、そして酒の詩人として著名なペルシア人オマル・ハイヤーム。彼の青春は暗殺者教団の創設者ハサン・サッバーフとの出会いと決別、冒険や恋に彩られていた。そのなかで『ルバイヤート』(四行詩集)が書き綴られて行く。その手稿本はモンゴル軍のペルシア侵攻の際に喪失したと信じられていたが、何と、800年後のパリに浮上。その追跡のために青春を賭けた仏系米人(本書の語り手)がパリからイスタンブール、さらに立憲革命で動乱のペルシアへ。そして、その保持者だった王女と相思相愛の仲となり、結婚してアメリカに戻ろうと、乗ったのが豪華船タイタニックだった…。

著者紹介

マアルーフ,アミン[マアルーフ,アミン][Maalouf,Amin]
1949年レバノン生まれ。ジャーナリスト、作家。祖国の内乱を機に76年、パリに移住した。『アラブが見た十字軍』(ちくま学芸文庫、牟田口共訳)刊行後は創作に専念、88年、『サマルカンド年代記』で新聞協会文学賞、93年、Le Rocher de Tanios(タニオスの岩)でフランス四大文学賞の一つであるゴンクール賞を受賞した

牟田口義郎[ムタグチヨシロウ]
1948年東京大学文学部卒業。朝日新聞中東、パリ各特派員を経て論説委員。82年に退社後は成蹊、東洋英和女学院各大学教授を歴任した。ほかに中東調査会常任委員、中東報道者の会会長などを務める