ちくま学芸文庫<br> 原典訳マハーバーラタ〈2〉

  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
原典訳マハーバーラタ〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 456p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480086020
  • NDC分類 929.881

内容説明

パーンチャーラ国の王女がパーンダヴァの五人の兄弟の共通の妻になる。パーンダヴァの名声は高く、国が繁栄したので、クル族の長子ドゥルヨーダナはこれを嫉み、叔父シャクニと謀ってユディシティラ(パーンダヴァの長兄)を賭博に招いて破り、王国と財産を奪い、生理期間中の妻を裸で引きまわして辱しめた。パーンダヴァたちは二度目の賭博にも敗れ、十二年間森で暮らし、十三年目には人に知られぬよう生活をしなければならなくなった。パーンダヴァたちはカーミヤカの森へ向けて出発した。

目次

第1巻 最初の巻(アーディ・パルヴァン)続き(ヒディンバ殺し;バカ殺し;チトララタ;ドラウパディーの婿選び式 ほか)
第2巻 集会の巻(サバー・パルヴァン)(集会場;協議;ジャラーサンダ;世界制覇 ほか)

著者紹介

上村勝彦[カミムラカツヒコ]
1944年、東京浅草に生まれる。1967年、東京大学文学部卒業。1970年、同大学院人文科学研究科(印度哲学)修士課程修了。サンスクリット詩学専攻。現在、東京大学東洋文化研究所教授