ちくま新書
中高年自殺―その実態と予防のために

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 222p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480061126
  • NDC分類 368.3
  • Cコード C0247

内容説明

一九九八年以降、日本の自殺者数が連続して三万人を上回り、大きな社会問題となっている。この数は、実に交通事故死の三倍以上にもなる。その内訳をみると、もともと自殺者に占める割合の高い中高年男性の自殺者数が、さらに増えている。働き盛りの自殺を防ぐために何ができるのか。自殺予防研究の第一人者である精神科医が、自殺者急増の背景を分析するとともに、どのような人に自殺の危険が高いのか、また周囲の人や医師などが自殺予防をどのように行っていけばよいのか、具体的に明らかにする。

目次

第1章 日本の自殺の現状(自殺総数の推移;中高年の自殺の増加 ほか)
第2章 世界の自殺、日本の自殺(日本の自殺についてのステレオタイプ;世界の自殺 ほか)
第3章 こころの病とその治療法(こころの病についての基礎知識;うつ病―体の不調とこころの不調 ほか)
第4章 働き盛りの自殺を防ぐには(自殺の危険の高い人に共通する心理;どのような人に危険が迫るのか ほか)
第5章 不幸にして自殺が起きてしまったときに(自殺、そして遺された人々;遺された人々の心理 ほか)

著者等紹介

高橋祥友[タカハシヨシトモ]
1953年東京生まれ。金沢大学医学部卒業。東京医科歯科大学、山梨医科大学、UCLA(フルブライト研究員)、東京都精神医学総合研究所を経て、2002年より防衛医科大学校・防衛医学研究センター・行動科学研究部門・教授。医学博士、精神科医。専門領域は自殺予防、メンタルヘルス、比較精神医学、生命倫理
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。