ちくま新書<br> 教養としての大学受験国語

個数:

ちくま新書
教養としての大学受験国語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月06日 01時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 302p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480058539
  • NDC分類 810.7
  • Cコード C0281

内容説明

高校・大学生の学力低下が社会的に問題になっているが、憂うべきなのは知識量の低下よりも、自ら考えるための思考力の低下である。大学受験国語は、限られた条件の下での出題とはいえ、高校の「国語」よりもはるかにバラエティに富む。心ある出題者が、思考の最前線に幾分かでも触れてほしいと願っているからだ。数ある受験問題の中から良問のみを厳選した本書は、たくまずして現代思想のすぐれたアンソロジーとなった。それらを解いてゆくことで、受験生、大学生、ひいては社会人にも、思考力が身につく、明快な一冊。

目次

序章 たった一つの方法
第1章 世界を覆うシステム―近代
第2章 あれかこれか―二元論
第3章 視線の戯れ―自己
第4章 鏡だけが知っている―身体
第5章 彼らには自分の顔が見えない―大衆
第6章 その価値は誰が決めるのか―情報
第7章 引き裂かれた言葉―日本社会
第8章 吉里吉里人になろう―国民国家

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きいち

36
空欄補充に抜き出し、四択…元の文章は読んだことがあるものも多いし、普通に面白いのだけれど、問題にされてみるとまあ間違うこと間違うこと…。高校時代、現代文は好きだったけど試験になると三振かホームランか的なギャンブル科目だった悪癖を思い出さされてしまった。いや、自分の経験紐づけて速攻文意とろうとしてしまうぶん(そしてある程度できてしまうぶん)症状は重くなっていそうだ。たまには、じっくりと文章につきあうこともせねば。◇受験国語の問題文の内容のほうに注目した解説は端的でわかりやすい。あ、受験英語も内容は同じかも。2018/03/07

さきん

30
出題者へストレートな批判があって出題者も読んで見た方がいい。大学受験にかこつけて著者が言いたいことをかき並べた感はあるが、近代、教養、自由について的外れたことはいっていない。難点なのは字が小さ過ぎること、分厚過ぎること。新書な内容ではない。2020/01/04

そうたそ@吉

20
★★★☆☆ 大学受験の国語問題を解きつつ、教養を深めようではないかという一冊。受験生だった時のような差し迫られたようなものものなく、問題をストレスのない状態で解けるのは楽しい。当時は出された問題をひたすら解くだけで、問題文や設問そのものを吟味するということは当然なかった。本書では出題者等々への容赦ないつっこみがなされており、確かに当時は質の悪い問題も、単に難しい文章だと思って解いていたのかもしれないな、と懐かしんだ次第である。2020/01/25

ステビア

19
流石に古臭さは否めない2021/05/31

ニクロム

9
「自己」「身体」「大衆」「情報」「日本社会」「国民国家」というテーマ別に近代からポストモダンにいたる思想を二項対立を軸に解説している。言論を相対化するためには、その言論が流れの中で、どういった位置にあるのかを知っていなければならない。それには、少なくとも近代から現代にいたる思想の地図を自分の中に持っていなければならない。筆者の言葉を借りれば、「思考のための座標軸」が必要である。15年前の本のため最先端ではないが、近代を知ることができてよかった。地図を描くための下地とペンを手にした気分。刺激的な一冊だった。2015/03/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/548491

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。