• ポイントキャンペーン

ちくま文庫
やくざ親分伝

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 310p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480037886
  • NDC分類 368.5

内容説明

現代やくざの典型ともいうべき山口組三代目と、その突撃部隊を率いた男。また独自のネットワークを誇ったてきやの実力者。さらには流血抗争のヤミ市を制覇した男たち。世上に名高い親分衆は、何を考え、何を成し得たのか?強烈なる個性、度量の大きさ、貫禄の重み、発動される暴力…。七人の親分たちの素顔と実像へと迫る。

目次

第1章 新橋ヤミ市の梟雄―カッパの松こと松田義一
第2章 「光は新宿より」―実業家に転じた尾津喜之助
第3章 家名意識の改革を提唱―神農界再興に尽くした芝山益久
第4章 神農界の論客―詩人親分・坂田浩一郎
第5章 柳川組の栄光と挫折―反差別の行動派・谷川康太郎
第6章 “不屈の代紋”の盟主―山口組中興の祖・田岡一雄
別章 南洋を疾駆した大陸極道―異端の国際派アウトロー村岡伊平治

著者紹介

猪野健治[イノケンジ]
1933年滋賀県生まれ。新聞・雑誌の記者、編集者を経て、フリーのジャーナリストとして活躍中。とくに、やくざ、右翼、総会屋などをテーマにした分野では、先駆的な役割を果たすとともに、現在も第一線で取材・執筆をつづけている