• ポイントキャンペーン

ちくま文庫
つげ義春1968

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 248p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480037589
  • NDC分類 726.1

内容説明

マンガ史上の名作「ねじ式」。1968年発表直後の世間の反応は意外にも冷やかなものだった。著者は雑誌『ガロ』の編集者として、その創作プロセスをつぶさに見とどけている。構想されながらも、陽の目を見なかった幻の作品のこと、つげ義春をめぐるさまざまな人々の交流など、1968年という時代に生まれた傑作とそれを生んだ時代の熱気をいきいきと伝える。

目次

第1章 貸本マンガから『ガロ』へ(それは白土三平からはじまった;水木しげるとつげ義春;つげ義春の衝撃)
第2章 つげ義春1968(「ねじ式」の思い出;つげ義春のテッテ的;つげ義春の暗闇への偏愛;「ねじ式」の周辺)
第3章 つげ義春をめぐる人たち(つげ忠男のこと;ある一夜;座談会“マンガ・ブーム”とは無縁か;『ガロ』と『漫画主義』;『ガロ』編集長・長井勝一との別れ)

著者紹介

高野慎三[タカノシンゾウ]
1940年東京生まれ。明治大学卒業後、「日本読書新聞」編集部を経て、青林堂に入社。「月刊漫画ガロ」の編集にたずさわり、つげ義春作品の誕生に編集者として立ち会う。かたわら故・石子順造、山根貞男、梶井純らと「漫画主義」を創刊する。その後、北冬書房を設立し、マンガ誌「夜行」の発刊など独自の出版活動をつづけている