ちくま文庫<br> ふるさと隅田川

  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
ふるさと隅田川

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 232p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480036148
  • NDC分類 914.6

内容説明

幸田文は人生に三度、隅田川のほとりに暮らした。最初は、生まれてから二十歳まで向島で、次に嫁ぎ先の新川で、そして作家になってから休筆して赴いた柳橋である。日々の暮らし、また重要な転機の折々に、川は彼女を育み、癒し、励ました。「川すじの思い」「水辺行事」「船内屋さん」など、隅田川を主に、「水の風景」をテーマにしたセレクションである。

目次

第1章 育む水(川すじの思い;川と山のにおい;地がね;川のほとけさま;用という字;蜜柑の花まで;雪;川すじ;流れる)
第2章 暮らしの水(水辺行事;廃園;蓮地のふるさと;みずばち;船内屋さん;あだな;ゆうだち;湿地)
第3章 海への憧れ(夕日と〓@6ED8;鯨とり;濡れた男)
第4章 暴ぶる水(二百十日;川の家具;地しばりの思い出;鳴戸観潮;水の力;崩壊雑談;そのあと)