ちくま文庫<br> 日本ぶらりぶらり

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
日本ぶらりぶらり

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2016年12月10日 10時21分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 232p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480033963
  • NDC分類 291.09

内容説明

半ズボンに坊主頭、リュックを背負って九州、山陰、東北とぶらりぶらりの珍道中。「わしも山下清に毛のはえたような男です」という言葉を耳にした清は、「ぼくのどこに毛がはえるとあなたになるのですか」―。笑いを誘い、かつ考えさせられる文章とスケッチで綴る放浪記。

目次

九州あちらこちら
阿波のバカ踊り
山陰ぶらりぶらり
港と黒ん坊
男湯と女湯
東京の「日本一」見学
しし踊りとグレート・デン
仙台の七夕まつり
竿灯と秋田犬
山寺のすべり台
将棋風呂
紙の大仏
加治のサクラを見た
蛍いか
ゆで卵となま卵
サイン病
どこでも少佐
うちの家内
ジェット機をみる
放浪よさよなら

著者紹介

山下清[ヤマシタキヨシ]
1922‐1971。貼絵画家。養護施設八幡学園で貼絵を習い、急速に才能をのばす。点描派風の作品は、卓抜な描写力を示し、式場隆三郎、戸川行男らの世話で世に紹介され、画壇や識者を驚かせた。1940年、学園をとびだした後、放浪・帰園をくりかえし、“日本のゴッホ”“裸の大将”と呼ばれた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件