筑摩選書<br> 楽しい縮小社会―「小さな日本」でいいじゃないか

個数:
電子版価格 ¥1,404
  • 電書あり

筑摩選書
楽しい縮小社会―「小さな日本」でいいじゃないか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年10月23日 20時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784480016515
  • NDC分類 304
  • Cコード C0351

内容説明

「つつましい暮らしの幸せ」が、地球を、日本を救うカギ!作家と工学者、両極端な人生を歩んだ二人の刺激的な対話集。

目次

第1章 もはや成長の時代ではない
第2章 対談・縮小社会って可能なんですか?
第3章 谷根千に見る小さな暮らし
第4章 対談・エネルギーはどうしたらいいのでしょう
第5章 私流暮らしの流儀―とくに三・一一のあと
第6章 対談・人口が減ったら社会保障は困りませんか?
第7章 五輪もダウンサイジングへ
第8章 対談・セーフティネットはどこにあるのでしょう?
第9章 足るを知るダウンサイジングの方法

著者紹介

森まゆみ[モリマユミ]
1954年東京生まれ。84年「谷中・根津・千駄木」創刊。地域史研究、文化財保存に尽力し、各新聞書評委員、文化庁文化審議会委員など歴任。日本ナショナルトラスト理事

松久寛[マツヒサヒロシ]
1947年大阪府生まれ。工学博士。京都大学名誉教授。1970年京都大学工学部卒業。72年米国ジョージア工科大学修士、76年京都大学工学研究科大学院博士課程単位取得退学。同年より京都大学で機械工学、とくに振動工学の研究に従事。2012年3月京都大学を定年退職。1973年より京都大学安全センターを設立し、公害や労働災害の支援活動に従事。2008年に縮小社会研究会を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

少子化も先進国のマイナス成長も望ましい。持たない生活を実践する作家と、先端技術を開発してきた研究者の意外な意見の一致とは!