東アジアの巨大古墳

個数:
  • ポイントキャンペーン

東アジアの巨大古墳

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 07時54分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 209p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784479840695
  • NDC分類 220

内容説明

巨大古墳はなぜ造られたのか?ピラミッド・秦始皇帝陵とともに世界三大帝王陵と称される、大仙古墳(仁徳天皇陵)をはじめとする巨大古墳が出現した五世紀の古代国家を検証し、古墳文化の発展過程を東アジア世界の中で考察する論文集。

目次

河内王朝と百舌鳥古墳群
王墓からみた五世紀の倭王の性格
古代湾岸開発と仁徳天皇陵
巨大古墳箸墓の被葬者について―卑弥呼か台与か
最新の研究成果からみた秦始皇帝陵
最新の研究成果からみた唐の乾陵とその陪塚
韓国三国時代墳墓の高塚化過程について
古墳にみる百済の勢力変化
高句麗王陵における陵園制
パネルディスカッション 東アジアからみた百舌鳥古墳群の世界的意義について