北から見直す日本史―上之国勝山館跡と夷王山墳墓群からみえるもの

個数:
  • ポイントキャンペーン

北から見直す日本史―上之国勝山館跡と夷王山墳墓群からみえるもの

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 408p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784479840565
  • NDC分類 210.2

内容説明

日本海交易の重要拠点「勝山館」を膨大な考古学史料から解明し、従来のアイヌと和人との関わりに疑問を投げかけ、交易民族としてのアイヌの実態を明らかにする先鋭な論考。

目次

上ノ国シンポジウムに想いを寄せて
勝山館への招待―北の世界から日本史を見直す
アイヌ民族の去就(北奥からカラフトまで)―周辺民族との「交易」の視点から
北方海域における人の移動と諸大名
勝山館跡とその城下の謎―発掘調査二〇年の成果と展望
遺跡・遺物の違いから見た北と畿内―勝山館を見直す
余市川流域の中・近世の遺跡
中世北方社会における鉄器の製作とその使用―勝山館跡出土遺物からの発見
沙流地方の金属文化とチャシ跡
下北半島の中・近世漁民遺跡
遺跡保存の問題点
日本史像を変える発掘成果

著者紹介

網野善彦[アミノヨシヒコ]
歴史研究者。1928年山梨県に生まれ、東京で育つ。東京大学文学部卒業後、渋沢敬三の創設した「日本常民文化研究所」に勤務。その後都立北園高校教諭、名古屋大学助教授、神奈川大学短期大学部教授、同経済学部特任教授を歴任し1998年退職。1988年より勝山館跡調査研究専門員として勝山館跡の調査・研究を指導

石井進[イシイススム]
東京大学名誉教授、鶴見大学客員教授。棚田学会会長。1931年東京生まれ。東京大学文学部卒業、同大学院修了。1993~97年まで国立歴史民俗博物館の3代目館長を務める。1988年より勝山館跡調査研究専門員として勝山館跡の調査・研究を指導