大切な人を看取る作法

個数:

大切な人を看取る作法

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784479794547
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C0030

内容説明

1000人を看取った医師が最新の知見から語る、「穏やかな逝き方・悔いのない看取り方」。看取る側、看取られる側の両方が、「安心」するために知っておきたいこと。

目次

第1章 お看取りの心構え(終末期の「病院信仰」を捨てる;いつからが「終末期」なのか? ほか)
第2章 「からだの苦しみ」の処方箋(「苦しさのサイン」を知る;臨死期と聴覚 ほか)
第3章 「こころの苦しみ」の処方箋(「患者の心理」「見守る側の心理」を理解する;「息を引き取るとき」の声のかけ方 ほか)
終章 なぜ死ぬことが「悪い」のか?―安らかな「看取り」のために(「死」についての常識;「看取りの後」について考える)

著者紹介

大津秀一[オオツシュウイチ]
茨城県出身。岐阜大学医学部卒業。日本緩和医療学会緩和医療専門医、がん治療認定医、老年病専門医、日本消化器病学会専門医、日本内科学会認定内科医、2006年度(現)笹川記念保健協力財団ホスピス緩和ケアドクター養成コース修了。内科専門研修後、日本最年少のホスピス医(当時)として勤務したのち、在宅療養支援診療所勤務を経て、現在東邦大学医療センター大森病院緩和ケアセンター長。多数の患者の診療に携わる一方、著述、講演活動を通じて緩和医療や死生観の問題等について広く一般に問いかけを続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

1000人の患者を看取ってきた著者が語る、心安らかに「看取る」ための、心構えと準備