だいわ文庫<br> 「昨日の疲れ」が抜けなくなったら読む本―こころとからだをリセットする42の新習慣

個数:
  • ポイントキャンペーン

だいわ文庫
「昨日の疲れ」が抜けなくなったら読む本―こころとからだをリセットする42の新習慣

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月07日 04時57分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 245p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784479305996
  • NDC分類 498.3

内容説明

休日はいつもグッタリ、なのに休んだ気がしない。ひと晩寝てもスッキリ起きられず、疲れが取れない。なんとなくイライラする。昼間なのに、眠い。―心当たり、ありませんか?外に出る気になれないお休みに一日ゴロゴロしていると、かえって疲れは取れません。医師が教える今日からからだとこころをラクにするコツ!

目次

1章 眠りを変えて疲れを癒す9つの習慣(「お疲れ」レベルを自覚する;眠りと疲れと「肥満」の関係 ほか)
2章 こころのパワー不足を乗り切る12の方法(こころの「メモリ不足」を乗り越えるには;脳をおだててやる気のスイッチを入れるコツ ほか)
3章 自分に心地よいリズムをつくる9つのコツ(1日1回15分だけ、からだのスイッチをオフにする;昨日の疲れによく効く「15分昼寝」 ほか)
4章 こころとからだの不調をリセットする12のレシピ(なんとなくダルい、が続いたら;「もっと頑張らないと」が口癖になってきたら ほか)

著者紹介

西多昌規[ニシダマサキ]
精神科医・医学博士。スタンフォード大学医学部睡眠・生体リズム研究所客員講師。1970年、石川県生まれ。東京医科歯科大学卒業。国立精神・神経医療研究センター病院、ハーバード大学医学部研究員、自治医科大学講師などを経て、現職。日本精神神経学会専門医、睡眠医療認定医などをもつ。これまでに数多くの患者を臨床現場で診察するだけでなく、精神科産業医として、企業のメンタルヘルスの問題にも取り組んできた。現在はスタンフォード大学にて、睡眠医学の研究を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

疲れやすい、だるい、朝が辛い、最近太りやすい──それは心と体のパワー不足です! 医師が教える溜まった「疲れ」を治して引きずらないコツ!