シナリオ・シンキング―不確実な未来への「構え」を創る思考法

電子版価格 ¥1,944
  • 電書あり

シナリオ・シンキング―不確実な未来への「構え」を創る思考法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 211p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784478490402
  • NDC分類 336.1
  • Cコード C2034

内容説明

予知・予測は不可能だが、起こる可能性のある未来を複数想定し、「その未来が実際に起こったらどうするか?」を事前に考え、意思決定力・判断力を高めることはできる。これがシナリオ・シンキングだ。起こる可能性のある未来は「~だろう」という“予測”の言葉ではなく、「~していた」という“未来完了形”でストーリーとして語られなければならない。シナリオ・プランニングの基本がわかる一冊。

目次

序章 今、求められている「経営の構え」とは?
第1章 環境認識ツールとしてのシナリオ・プランニング
第2章 意思決定の質を高める
第3章 組織の納得性を高める方法
第4章 シナリオを実際に作成する
第5章 組織の中でシナリオ・シンキングを実践する
第6章 シナリオから戦略へ
付章 ファシリテーションとプレゼンテーションの技術

著者等紹介

西村行功[ニシムラミチナリ]
株式会社グリーンフィールドコンサルティング代表取締役。長崎県生まれ。一橋大学商学部卒業後、オムロン株式会社にてマーケティング戦略及び全社経営戦略の策定に従事。ミシガン大学経営大学院修士課程修了後(MBA with Distinction)、戦略コンサルティングのコーポレイト・ディレクションおよびリエンジニアリング・コンサルティングのCSC Index(サンフランシスコ事務所)を経て、株式会社グリーンフィールドコンサルティングを設立、現在に至る。2001年よりオムロン株式会社のアドバイザリーボードメンバー。シナリオ・プランニング、企業戦略策定、マーケティング戦略策定、プロセス革新、企業変革などの分野を中心に活動している。シナリオや戦略について議論し対話する「ワークショップ」を中心に、「企業自らが考えること」を支援する「プロセス・コンサルティング」を実践している。特に、外部環境認識ツールとしてのシナリオ・プランニングでは、40以上のプロジェクトに参加。プロフェッショナル・ファシリテーターとして、これまでに1000人を超える参加者と「対話」した実績を持つ
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

旧来の戦略パラダイムが通用しなくなった今、経営の「構え」を作るために必須の思考法を図解と事例でわかりやすく解説。入門書の決定版。