• ポイントキャンペーン

人間の終わり―バイオテクノロジーはなぜ危険か

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478180358
  • NDC分類 460
  • Cコード C0031

出版社内容情報

飛躍的に進歩した生殖医療とゲノムビジネスによって、“人間の次の生き物”が生み出されようとしている。

内容説明

「人間後」(ポストヒューマン)の世界は、人間の遺伝子に他の種の遺伝子をいろいろ融合させすぎて、「人間とは何か」はもはや曖昧になり、「共有された人間性」という概念すら失われてしまうかもしれない。一〇〇歳を超えて長生きし、死を望みながら、しかし死ぬこともできず、介護施設でじっとしている人であふれるかもしれない。こうした未来社会を受け入れる必要はない。テクノロジーの進歩が人間の目的に役立たなくなったのに、進歩は止められない、自分たちはその奴隷だ、などとあきらめる必要はない。

目次

1 これから起こること(二つの未来図;脳の科学;行動を支配する薬;寿命の延長;遺伝子工学;なぜ不安なのか)
2 人間の根源へ(人間の権利;人間の本質;人間の尊厳)
3 今なにをすべきか(テクノロジーの政治学;バイオテクノロジー規制;未来への指針)

著者等紹介

フクヤマ,フランシス[フクヤマ,フランシス][Fukuyama,Francis]
ジョンズ・ホプキンズ大学教授。1952年生まれ。父は日系2世、母は日本人。コーネル大学で古典、ハーバード大学で政治学を専攻。89年ブッシュ政権では、国務省政策企画局次長を務める。共産主義の失敗と自由民主主義の正当性を論じた『歴史の終わり』(三笠書房)は、世界的ベストセラーになった

鈴木淑美[スズキトシミ]
1962年生まれ。慶応義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。清泉女子大学専任講師を経て、翻訳家
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tu

1
136殺人が道徳的に非難されるのは、死への恐れが人間本来の性質であり、いかなる社会であっても同じことだ、と言う事実による。2020/05/28

GASHOW

1
人間の終わりは、ドラッグだと思っていたが、ドラッグを始める前に遺伝子操作をするようになると薬物依存どころではなく、人間として終わるという。遺伝子のゲノムをコンピューターで解析したといっても、その役割についてほとんどわかっていないのにそれを操作しようとするなんて、その理性だけみても人間が終わっているという。ことだった。2016/01/12

Hirotaka Nishimiya

0
バイオテクノロジーを中心とするエンハンスメント(人体の拡張)反対論。自分と反対の立場も見ておかなければ、と思ったがやはり同意できない。 功利主義的立場によるエンハンスメント推進を批判するが、その論拠は「人間の尊厳とは何か、感情だ」といったものだが、まさに感情的なものでしかなく論理性に欠ける。数多くの哲学書を引いており読み応えはあるが、肝心の自論の展開が心許なく説得性には欠ける内容。 もちろん今後人体実験により不幸な結果が生まれて欲しくはないが、それを禁止することでより多くの不幸をそのままにするのでは?2017/01/17

Uzundk

0
斜め読み。人間の終わり、というよりは。社会の規則の前提には人間の権利、すなわち人権が、自然権があるが、薬やバイオテクノロジーによってそれらの本質が崩されたその先への危惧の本。 視点は面白いけど語る焦点が狭くて分かりづらいと思う。 今の人が認めている自然な人間とは何か、排除すべき異常なものが何か、それらがもっと曖昧になり、選択的になり、再び人種間のあらそいのようなことが起こるのでは無いかと言う思いがあるのだろう。2014/02/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/388370
  • ご注意事項