特許の知識―理論と実際 (第6版)

  • ポイントキャンペーン

特許の知識―理論と実際 (第6版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 492p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784478140246
  • NDC分類 507.23

内容説明

本書は1967(昭和42)年7月に初版を出版し、以後約25年間にわたって版を重ねてきた『特許の知識―その理論と実際』を全面的に書き改めたものである。本書の執筆方針は初版の当時と全く変わらない。第1に、法律と技術の両面からアプローチしたこと、第2に、国際化の動きを重視して解説したこと、第3に、特許と企業経営のかかわりを論じたこと、第4に、特許の実務と法理の橋渡しを意図したこと、である。

目次

知的財産権の時代
アイデアと特許制度
特許法でいう発明とは何か
発明の種類にはどんなものがあるか
特許を禁じられた発明
物質特許制度の意義と役割
特許要件とは何か
特許手続きはどのように進められるか
職務発明の問題点
特許係争はどのように行われるか 〔ほか〕

出版社内容情報

国際化の動きを重視して、特許と経営のかかわりを力説。法律と技術の両面からのアプローチで“実務と法理”を直結させた名著。