こころの葛藤はすべて私の味方だ。―「本当の自分」を見つけて癒すフロイトの教え

個数:
電子版価格
¥1,485
  • 電書あり

こころの葛藤はすべて私の味方だ。―「本当の自分」を見つけて癒すフロイトの教え

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月25日 20時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 344p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478115138
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

仕事、人間関係、恋愛、仕事…いつもうまくいかない私たちへ。

韓国15万部突破ベストセラー、待望の日本版刊行!



精神分析とは、自分にまで嘘をつく“心”を引き出す作業だ。この本は長椅子にゆったりと横になり、精神分析家に自分の複雑な心のうちを話しながら、抑圧された心を解き放っていくようなひとときが味わえる。

著者は韓国初の精神分析家であり、精神科専門医でソウル大学名誉教授のチョン・ドオン氏。

この本ではフロイトの精神分析理論をベース心の悩みに寄り添いながら、読者に本当の自分を見つけるための手段を与えてくれる。



ふだんは忘れているが、ふと思い出す初恋の記憶は“前意識”にある。しらふのときは考えたこともないのに酒の勢いで飛び出す禁じられた愛は“無意識”にあり、ユーモアが得意な人は自らの“攻撃性”を別の形で表現している。極端に他人を気遣う人は、相手にひどい態度を取ってしまうかもしれないという恐れが隠れている……など、精神分析学を学んだことのない人でも、心の地図をひと目で見渡せるようになる。



「いいことが起こればラッキー、悪いことは予防接種だったと考えよう」「不安感が強いなら、毎日30分日記に心配事を書き出そう」「解決できないことは先送りして、簡単に解決できることはすぐに処理して忘れよう」「パニックに陥ったら、息を吸うのではなく、吐くのが大切」「最大の復讐とは、その相手を完全に忘れてしまうこと」など、生きづらさを解消するための具体的なノウハウも満載。自分を知り、自分を受け入れ、真の自分になるためのの知恵を与えてくれる1冊。

内容説明

不安、憂うつ、怒り…消えないモヤモヤその「原因」は無意識にある!人気精神科医が教えるつらい気持ちを解消する心の処方箋。

目次

プロローグ 自分の心の温度を感じよう
第1章 「隠された自分」を見つける
第2章 無意識の傷を理解する
第3章 他人を求めて果てしなくさまよう無意識
第4章 無意識に対する5つの基本治療法
エピローグ 閉ざされた心を解き放つ

著者等紹介

チョンドオン[チョンドオン]
精神科専門医、精神分析家。ソウル大学名誉教授。ジークムント・フロイトが創設した国際精神分析学会(International Psychoanalytical Association:IPA)や米国精神分析学会(American Psychoanalytic Association)の正会員で、精神分析家を養成・教育する指導分析家。ソウル大学医学部卒業後、ソウル大学病院勤務を経て、米サンディエゴ精神分析研究所に留学。世界的な分析家に師事し、韓国初の精神分析家となる。ソウル大学医学部やソウル大学病院の教授を30年以上にわたって務め、臨床と指導の第一線で活躍。精神科、神経科、睡眠医学の専門医として各種メディアで韓国の名医に選ばれる。国際精神分析学会が認定した韓国精神分析研究学会創立会長および国際精神分析学会委員職などを歴任

藤田麗子[フジタレイコ]
フリーライター&翻訳家。福岡県福岡市生まれ。中央大学文学部社会学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スナフキン

8
フロイトの精神分析理論を分かりやすく解説した本。2022/11/20

白と茶

5
悩みや生きる辛さがある人向けに解決策を教えてくれる本。題名と装丁からして自己肯定感高めるために優しい言葉をかけてくれる本、程度に手に取ったのですが結構しっかりと心理学の勉強的側面の強い本でした。内容わかりやすいです。フロイト学派の先生なのでまぁフロイト的にはそうだよねという部分もありますが、今までいかに自分が不安や悩みを表層的に捉えて処理していたかを学ばされました。フロイト=性だと思っていたのですが意外とそればかりでもなく。自分の心を深く掘り下げ、自分自身としっかり向き合うきっかけを与えてくれる一冊。2024/01/05

あゆお

4
今まで何となくしか理解していなかった、フロイトの「意識」「前意識」「無意識」について理解が深まった、ただ後は全体を通せばピンとくるものは多くなかった。良いなと思える言葉はピックアップしたのでメモしておく。2022/11/28

☆ツイテル☆

3
フライヤー2022/11/08

ありぼう

2
スッと嫌味なく言葉が入ってくる感じがあり、周りの人たちや自分の行動や言動を客観的に見られるようになる気がする。 手元に残して何度も読み返したい本です。2023/10/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19873439
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。