Google式10Xリモート仕事術―あなたはまだホントのGoogleを知らない

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

Google式10Xリモート仕事術―あなたはまだホントのGoogleを知らない

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月22日 01時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 188p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784478109205
  • NDC分類 336.57
  • Cコード C0034

出版社内容情報

☆著者の処女作!著者はGoogleが国内で3社だけ認定している研修専門パートナー企業のトップであり、著者自身もGoogle認定トレーナー資格を取得している国内唯一の女性社長。教育学修士号を持ち、Googleアプリを使い倒す技術を教えるGoogle認定「上級」専門家。現在、Googleが認定する研修専門パートナー企業のうち「上級」に認定されているのは世界30社で日本国内ではたった2社。そのうちの1社が著者の会社である。著者は神田昌典氏主催「クロスセクター・リーダーズサミット」で2年連続MVP(2019年、2020年)となった。
☆「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」と未来から思考するGoogleの10X(テンエックス)思考がGoogle急成長の秘密とされているが、コロナ禍を踏まえ、リアルよりリモートのほうが劇的成果を挙げるGoogle式10Xリモート仕事術を初公開する。
☆Googleの全70アプリを無料「10」アプリに厳選!(◆1.カレンダー◆2.Meet◆3.Jamboard◆4.ドライブ◆5.スプレッドシート◆6.フォーム◆7.Classroom◆8.アカウント◆9.Keep◆10.スライド)。10Xを支える3種の神器が、コミュニケーション、コラボレーション、マネジメント(CCM)。これを章ごとに紹介する。アプリ本嫌い読者でも最後まで読み切れる本。中身も技術革新に耐えうる普遍的なコンテンツを厳選。読んで面白く仕事のやり方に根本的に革命を起こす本。

内容説明

10%改善するより10倍にするほうがカンタン!?Google最高位パートナーが初めて明かすGoogle式10X思考で“リモート弱者”が“リモート強者”に変わる。

目次

1 リモート弱者がリモート強者に変わるGoogle式10X思考法
2 あなたが知らないGoogleを体験する。
3 Google式10Xコミュニケーション術
4 Google式10Xコラボレーション術
5 Google式10Xマネジメント術
番外編 企業・組織向け有料サービス「Google Workspace(旧G Suite)」でDXを推進

著者等紹介

平塚知真子[ヒラツカチマコ]
Google最高位パートナー/イーディーエル株式会社代表取締役。Googleが授与する最高位の肩書(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。早稲田大学第一文学部(教育学専修)卒。筑波大学大学院教育研究科修了(教育学修士)。筑波大学大学院非常勤講師。アルマ・クリエイション株式会社主催「クロスセクター・リーダーズアワード」2年連続最優秀MVP(2019年、2020年)。常陽銀行主催第3回常陽ビジネスアワード「ウーマノミクス賞」379プラン中第2位(2015年)。出版社勤務を経て専業主婦になるも、大学院に進学。在学中にIT教育会社を起業し、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひろき@巨人の肩

92
Googleアプリをベースにしたクラウド仕事術。CCMの各機能と紐づけてアプリ紹介されておりアプリ選びの参考になった。以下、アプリ名にgoogle省略。①スライドによるマルチユース。②コミュニケーションはカレンダー(準備)→Meet(発散)→Jamboard(収束)の流れ。発散が難しい。③コラボレーションはgoogleフォーム(収集)→スプレッドシート(活用)→ドライブ(保管)の3つ。④マネジメントはgoogle classroom(やる気管理)、アカウント(安全管理)、Keep(タスク管理)。2021/11/22

ミライ

35
Google 最高位パートナーの平塚知真子さんがGoogleの無料アプリを使って、リモートワーク作業を効率化する方法を解説した一冊。Googleのクラウトアプリを使うのですべてがWeb上で完結し複数人での同時作業が可能。Googleカレンダーなどの単体のアプリではなく「カレンダー」「Meet」「Jamboard」などいろいろなアプリを組み合わせて、リモートの作業時間を極限まで削る方法が説明される。リモート作業に慣れたIT業界の人は知っている内容が多い(説明が丁寧なのでリモート作業初心者の方にはおすすめ)。2020/12/19

katherine

19
サイト運営者向けGoogleの公認パートナーである著者のアプリ活用書。無料アプリは70近くあるらしい。仕事だけでなく生活にも役立ちそうなアプリもあり、汎用性が高い。個人的にはkeepがお気に入り⭐️2021/05/01

ぶうやそ

14
「リモートワーク」という働き方が急速に浸透してきた。それにより生産性を大きく上げることが出来たリモート強者と、未だに対応に苦労しているリモート弱者との格差は、これから益々大きくなるであろう。著者はGoogleのサービスを使い倒す事で生産性は10倍以上に上がると説く。本書のキーワードは「共有」であり、Googleサービスにはそれを支援する仕組みが多く実装されている。ただ全社員がGoogleサービスを使う前提でなければ効果は半減してしまうし、全社的にGoogleサービスというのは正直難しいというのが本音。2021/04/22

あつお

11
Googleのアプリ群を使った、超仕事効率術。 10倍の生産性を上げようと思うと、抜本的な改革が必要。そこで登場するのが、Googleのアプリ群。①資料共有②資料修正③会議において使用される。従来の、複数回のメールやり取りが全てGoogle Drive上で完結。修正は即時反映され、会議では同一の資料を共有できる。 便利である一方、各社が同様のサービスを提供しており、アプリが乱立、統一されていないのも現状。情報の有効活用のため、社内でのルール徹底が必要だろう。2022/01/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16744432

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。