最強のファンダメンタル株式投資法―運、タイミング、テクニックに頼らない!

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

最強のファンダメンタル株式投資法―運、タイミング、テクニックに頼らない!

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月22日 10時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/高さ 21cm
  • 商品コード 9784478100714
  • NDC分類 338.155
  • Cコード C0033

出版社内容情報



v-com2[ブイコムツー]

内容説明

勝てる投資家は何を考え、どのようにして銘柄を決めているのか。企業の業績や資本政策、IR発表などから儲けのネタを見つける具体的方法。

目次

第1章 意外と知られていない株主優待の本当の実力
第2章 資産株で狙うのはカタリストの「まちぶせ買い」
第3章 成長株の発掘こそ株式投資の醍醐味だ
第4章 ROEと配当利回りと株価の関係
第5章 資本政策のまとめ これが全パターン
第6章 「のれん」「会計方針の変更」特殊要因を学ぶ
第7章 キャッシュフローでわかる企業の向かう道
最終章 勝てる投資家に共通するもの「知識」と「経験」、最後は「メンタル」

著者等紹介

v‐com2[VCOM2]
マネー誌やブログでおなじみの人気個人投資家。2007年から投資ブログ「21世紀投資」を運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

もりの

6
自分の投資手法に似てて読みやすかった。自分の目的にあわせて分析をする。成長株を探すのも面白そうだと思った。2020/07/04

kumotori-sansuke

2
◎。株式投資をこれから始める人、始めたばかりの人に是非読んで欲しい本です。こんなに丁寧に解説した本は少ない。2018/01/31

kazu_hiro

2
尊敬に値するファンダメンタル分析です。「カタリストの重要性」「時価総額≒想定営業利益×10倍」「3年後予想1株利益×PER15倍との比較」「既存店月次上昇(新たな管理費不用)」「減損損失後(減価償却費減少)の翌年V字回復」「ROEを高める手段(配当・自社株買)」「自己株取得・売出、分売・増資による期中平均株式数に注意⇒1年目は実施月以降で平均も、2年目は通年平均のため影響が大」「IFRS適用による『売上高』と『のれん(営業利益計上)』」「定率法⇒定額法変更注意」「フリーキャッシュフロー概念と投資CF」など2017/11/08

たためたきこ

2
個人的には株式投資の理解というよりも、簿記の知識が身近でいかにして使えるかということが分かって嬉しい。 読んでもすぐには投資対象を見つけられない。著者は相当勉強を積んできたのだと感じた。2017/04/24

黒猫のダンゴ

1
企業や株価を分析できる知識は必須であると改めて気付かされた。分析のための基本を教示してくれているので、今さらだが興味深く読んだ。2019/06/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11616478

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。