魚屋の基本―角上魚類はなぜ「魚離れ」の時代に成功することができたのか?

個数:
  • ポイントキャンペーン

魚屋の基本―角上魚類はなぜ「魚離れ」の時代に成功することができたのか?

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478090480
  • NDC分類 673.7

内容説明

新潟県の港町・寺泊を拠点に関東信越に22の直営店(2016年10月現在)を展開する鮮魚専門店・角上魚類。消費者の魚離れやスーパーマーケットの台頭をものともせず、「魚のプロ」である経営者はいかにして繁盛店をつくりあげたのか?

目次

第1章 「魚屋の基本」から生まれた独自のビジネスモデル(「プロ」による対面販売が支える右肩上がりの売上;驚異の廃棄率〇・〇五%!なぜ「いい魚」を「安く」売れるのか?;郊外に単独で大型店舗を展開 魚屋ではありえない出店方式 ほか)
第2章 柳下浩三ものがたり(「やりたいことをあきらめない」;背負子と魚と夜逃げの朝;悪天候から芸者遊びを知る ほか)
第3章 経営方針と店舗運営の秘訣(クレーム対応の原則;「社長引退」宣言とリーダー論;「リーダーの心得」を全社員に浸透させる ほか)

著者紹介

石坂智惠美[イシザカチエミ]
新潟県新発田市出身。大手出版社の雑誌編集者を経てフリーライターに。新潟県をベースに各種雑誌、広告等に執筆するほか、ライフワークとして全国の食品生産者を訪ね取材を行う。平成19年より新潟清酒の名誉達人。酒場エッセイストとしてラジオ番組にも寄稿する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報



石坂 智惠美[イシザカ チエミ]