チェーンストアの衣料改革―ベーシックアパレルの商品開発

個数:

チェーンストアの衣料改革―ベーシックアパレルの商品開発

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478090251
  • NDC分類 673.7

内容説明

「日本人の誰もが、毎日、おしゃれを楽しめる店」への挑戦が、これからのファッションビジネス成功の軌道。

目次

なぜアパレルが売れないのか―“日本型スーパーストア”に見る衣料品部門の衰退とその原因
「低価格」は商品のバリューを上げる―最優先課題としての「売価」
間違った「高品質」は商品のバリューを下げる―適切な「品質」とは
サイズ種類を増やすことで「売れ筋」が育つ―「サイズ種類の拡大」こそがサービス向上の決め手
手入れが面倒な服は敬遠される―商品のバリューを高める「イージーケア」
「人は他人と同じ服を着たがらない」という迷信―アパレルの絶対要素としての「ファッション」
単品ではなく「ルック」をアピール―「商品の分類」が買上点数を上げる
トータルコーディネーション提案を怠っている―コーディネーションの決め手は「色」
大ヒットはベーシックアイテムから生まれる―購買頻度の高い商品のさらなる強化
売れ筋を強調する―depth(デプス)とwidth(ウイス)の考え方
売れ筋を売り続ける―「核商品」を大切にする意味
客層を広げて客数を増やす―「商品ライン」と「価格ライン」の検討
ファッションの科学―マスファッションのビジネス原則
マス・ストアズ・オペレーション―1000店チェーンを構築する
低価格でファッションが楽しめる社会へ―アパレルチェーンの未来のために

著者紹介

桜井多恵子[サクライタエコ]
日本リテイリングセンター シニア・コンサルタント。1947年生まれ。女子美術短期大学造形科卒業後、日本リテイリングセンターに勤務。同社チーフコンサルタント渥美俊一のアシスタントとして、マス・マーチャンダイジングの調査研究を担当。この間、1986年ニューヨーク州立ファッション工科大学ファッション・マーチャンダイジング学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)