流通業のための数字に強くなる本―チェーンストアの計数管理

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 158p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784478090183
  • NDC分類 673.8

内容説明

流通業の幹部にとって数字に強くなるとは、計数管理ができるようになることだ。企業の問題点を正確に把握し効果的な改善策を実行するための技術を学ぶのである。「わが社」の問題点と改善策が数値で分かる。この経営効率から生き残るための収益モデルを作り上げる。

目次

序章 計数管理が企業の将来を決める
第1章 収益性を上げるためにまず何をすべきか
第2章 分配率はコスト・コントロールの要
第3章 資金繰りの実態を示す数値で企業の将来を知る
第4章 作業効率の指標を労働生産性から導き出す
第5章 店舗現場の数値を点検して収益力を上げる
終章 収益モデルを正しく構築した企業だけが生き残る
資料

著者紹介

渥美俊一[アツミシュンイチ]
1926年(大正15年)、三重県松阪市に生まれる。官立第一高等学校文科を経て、1952年(昭和27年)東京大学法学部卒業、同年読売新聞社に入社。「商店のページ」担当主任記者として商業経営の革新運動を開始し、1962年(昭和37年)にチェーンストア経営研究団体「ペガサスクラブ」を設立・主宰。翌年の1963年(昭和38年)には、わが国唯一のチェーンストア経営専門コンサルティング機関である日本リテイリングセンター(現在、加盟社約600社)を設立し、2010年(平成22年)に死去するまでチーフ・コンサルタントを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)