世界のエリートがやっている 最高の休息法―「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

世界のエリートがやっている 最高の休息法―「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

  • ウェブストアに70冊在庫がございます。(2022年05月25日 20時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 248,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478068441
  • NDC分類 498.34
  • Cコード C0030

出版社内容情報

イェールで学び、3000人を診てきた米国精神科医が教える! 科学的に正しい「脳の休ませ方」

内容説明

「脳疲労」がすぐ消えて、頭が冴える。イェール大学で学び、米国で18年診療してきた精神科医が明かす!

目次

先端脳科学が注目する「脳の休め方」
「疲れない心」を科学的につくるには?―脳科学と瞑想のあいだ
「疲れやすい人」の脳の習慣―「いま」から目をそらさない
「自動操縦」が脳を疲弊させる―集中力を高める方法
脳を洗浄する「睡眠」×「瞑想」―やさしさのメッタ
扁桃体は抑えつけるな!―疲れを溜め込まない「不安解消法」
さよなら、モンキーマインド―こうして雑念は消える
「怒りと疲れ」の意外な関係性―「緊急モード」の脳科学
レジリエンスの脳科学―瞑想が「折れない心」をつくる
脳から身体を治す―副交感神経トレーニング
脳には脳の休め方がある―人と組織に必要な「やさしさ」
思いやりのメッタ

著者等紹介

久賀谷亮[クガヤアキラ]
医師(日・米医師免許)/医学博士。広島大学医学部卒業。イェール大学医学部精神神経科卒業。アメリカ神経精神医学会認定医。アメリカ精神医学会会員。日本で臨床および精神薬理の研究に取り組んだあと、イェール大学で先端脳科学研究に携わり、同大学で臨床医としてアメリカ屈指の精神医療の現場に8年間にわたり従事する。そのほか、ロングビーチ・メンタルクリニック常勤医、ハーバーUCLA非常勤医など。2010年、ロサンゼルスにて「TransHope Medical(くがやこころのクリニック)」を開業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

345
本書の方法でマインドフルネスをしてみたい。スーパーがやたら頭に残った。中々寝ても覚めても疲れが残るイメージがあるので、休めそう。2017/09/16

雪風のねこ@(=´ω`=)

135
脳の神経ネットワークを司る器官は休んでいてもエネルギーの消費が高い。つまり車でいうアイドリングの燃費が非情に悪いということ。休むだけでは無く、心と体のズレを、呼吸と供に意識を通わせて正し、疲れを取ると供に精神を安定させ免疫を高め、不慮の事故にも対応できる様、心を強くするのが本著のテーマ。座禅や写経に近いことでもあるが、茫洋としたイメージよりは具体的に書かれている。ただ上手くいくかは自分の心と体(神経)との対話次第だと言える。しかし科学万能医療大国の時代、どれだけ自分の声について耳を傾けているだろうか?2018/03/12

mukimi

97
何のために心身すり減らして働いてるのか。なぜこんなに疲れが取れないのか。疲労は思考をネガティヴにする諸悪の根源。とにかく疲労困憊の毎日を変えたくて藁をも掴む思いでマインドフルネスにヒントを求める。最近の自己啓発本に多い対話ストーリー形式。マインドフルネスのメリットを何度も教えてくれるけど実際どんな風に取り入れていくかなどマインドフルネス自体の具体的な方法論はあまりなかった。入口に立ってみた、くらいの段階。2020/05/31

あすなろ

82
脳をどう休ませるか?それはマインドフルネス状態を作り出して休ませてやること。脳は習慣好みなので、椅子に座り脚を床に付けて、呼吸に意識を向けて今ここにない意識ばかりの脳を現在に向けてやりましょう。そうするとストレス低減や感情のコントロール可となる。そして、免疫機能改善も。うん、実践してみよう。そして、歩行瞑想、即ちウォーキングがいいことは分かっている。もう少し休日をキチンと得て、この歩行瞑想状態を得るべきだと再確認。そして、くよくよ悩むことは脳のエネルギー消費しているだけということもその通りだろう。2019/01/27

いわにほ

72
Super!!(読んだら分かる)✦脳には脳の休め方がある。間違った休息をしていることが多数あった。様々な分野の科学的根拠をもとにマインドフルネスを軸にして最高の休息法を学べる。✦その方法は多岐にわたる。生きている上では自分の内外から生じる刺激をたくさん沢山受ける。快、不快両方。自分が今、ユーストレス状態とディストレス状態のどちらにいるのか。また、それを如何に対処すれば良いのか。✦本書は物語形式になっているので、様々なケーススタディを疑似体験しながら学ぶことが出来る。✦良い本だ。2019/11/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11093851

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。