金融に未来はあるか―ウォール街、シティが認めたくなかった意外な真実

個数:
電子版価格 ¥2,376
  • 電書あり

金融に未来はあるか―ウォール街、シティが認めたくなかった意外な真実

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年12月04日 02時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 400p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478068403
  • NDC分類 338
  • Cコード C0033

内容説明

「ケイ・レビュー」で日本の金融庁をも動かした最強エコノミストが書きおろした世界的問題作。金融主義の終焉を告げる。

目次

なぜ、金融機関は儲かっているように見えるのか
第1部 金融化―異世界のはじまり(金融化に至る短い歴史;リスクと「金融のイノベーション」なるもの;頼りない金融仲介機能;投資銀行のおぼつかない利益)
第2部 遷ろいゆく金融の機能(世界の余剰資金は、どのように配分されているか;預金は、どうすれば守れるのか;資産運用会社が中心となるべきだ)
第3部 金融システムをどう直すか(改革にどうしても必要なもの)
金融の未来はどこに

著者等紹介

ケイ,ジョン[ケイ,ジョン] [Kay,John]
1948年スコットランド生まれ。エジンバラ大学、オックスフォード大学を卒業後、同大で講師として経済学を教えた。その後、英国で最も信頼されるシンクタンクである財政政策研究所でディレクター、オックスフォード大学のサイード・ビジネス・スクールの初代ディレクターなどを務める一方、多くの企業の取締役を歴任した。英国政府から請われて証券市場改革案(ケイ・レビュー)を作成するなど専門家の立場から公共政策に関わり、大英帝国勲章を受章している

薮井真澄[ヤブイマスミ]
共同通信社経済部担当部長。慶應義塾大学文学部仏文科卒業、地方テレビ局、外資系銀行を経て共同通信社に入社。経済記事の翻訳に携わるほか、ロンドン支局勤務を含めて主に金融市場の取材を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

世界最高水準の知性によるまったくなかった斬新なマネーをめぐる解釈。いま、経済と金融を読み解く最重要ビジョンがここに

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件