証券営業プロフェッショナル―会社のためのセールスから、お客様のためのサービスへ

個数:
電子版価格
¥1,683
  • 電書あり

証券営業プロフェッショナル―会社のためのセールスから、お客様のためのサービスへ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月19日 21時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 161p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478067987
  • NDC分類 338.17
  • Cコード C0033

出版社内容情報

ノルマ主義がお客様主義に変わる「IFA(独立系証券アドバイザー)」のすべてがわかる始めての本。IFAとして活躍する8人が、証券会社時代にはできなかったこと、IFAだからできることを語る。独立してからのエピソード、事業スタイル、報酬、集客などその実態を明らかに。

内容説明

本書の主人公たちは、従来の証券営業マンとは異なる「新しいタイプの金融のプロ」である「IFA(Independent Financial Adviser:独立系アドバイザー)」だ。この名称に聞き覚えのない読者も多いことだろう。しかし、大手証券会社などから独立しIFAになる人が、着実に増えつつあるという。IFAとはどんな仕事なのか。お客様はなぜIFAを選ぶのか。9人のIFAにまつわるエピソードを中心に、現在の運用に不安を抱いている人、これから投資をしてみたい人など、様々な方の疑問に答えるのが本書の役目だ。

目次

第1章 5年連続社長賞のトップ営業は、なぜ大手証券を辞めたのか?―証券営業マンが本当の使命に気づくまで 福田猛氏の場合
第2章 セールスからアドバイザーへ IFA(独立系アドバイザー)とは何か?―証券マンも知らない新しい証券営業のかたち
第3章 アメリカにおける独立系アドバイザーの存在感 なぜ、お客様は独立系アドバイザーを選ぶのか?
第4章 IFAのトップランナーに聞く、仕事のスタイル・お客様とのコミュニケーション 大阪で起業。お客様に応援されるIFAに―高松綾氏の場合
第5章 IFAのトップランナーに聞く、仕事のスタイル・お客様とのコミュニケーション 地方で愛される地域密着型IFA―湯浅真人氏(愛媛県今治市)と森本佳奈子氏(徳島県徳島市)の場合
第6章 IFAのトップランナーに聞く、仕事のスタイル・お客様とのコミュニケーション 複数のIFAが所属する組織のトップとして―中桐啓貴氏の場合
第7章 IFAのトップランナーに聞く、仕事のスタイル・お客様とのコミュニケーション 若い世代を多く顧客に持つ―岩川昌樹氏の場合
第8章 IFAのトップランナーに聞く、仕事のスタイル・お客様とのコミュニケーション 成熟世代の女性の不安に寄り添う―山田勝己氏の場合
第9章 IFAが今ほど必要とされている時代はない―コモンズ投信(株)代表取締役社長兼CIO、伊井哲朗氏に聞く
第10章 日本の証券革命はここから始まる―楽天証券(株)代表取締役社長、楠雄治氏に聞く

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

wadasnch

1
野村證券の営業マンも楽天証券のIFAも顧客からの手数料収入に依存していることに変わりはない。なぜ前者は悪で後者は善なのか、理解できない。手数料収入から脱却するビジネスモデルを構築しない限り、真の顧客の利益を全うすることはできないのではないか。2016/03/25

アポ

0
IFAとして、長期にわたりお客様の資産をマネージするという考え方はありだと思うけど、手数料収入システムがかわらないと根本は変わらないのでは。2017/01/09

Yuriko

0
コンサルティングサービスについて知りたかったので読んだ。途中の体験談は、色々?となるところもあったが、知識のある意識の高い方がやっていることは分かった。2020/05/31

sucksuckhello

0
貯蓄から投資へ、というスローガンの後押しをする存在としてにわかに注目されているIFAがどのような経緯で日本に生まれたのか、主要なIFA業者は何を考えているのか、どのような思いで仕事をしているのかがまとまっている一冊。 金融機関でノルマ営業に苦しむ若手金融マンや、資産運用に本気で悩んでいる人は一読しておいて損はない。 地方での営業方法の実態や金融機関のマーケティング方法についての記載も他にはない情報だった。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10541543
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。