ザ・ゴール コミック版

個数:
電子版価格 ¥1,122
  • 電書あり

ザ・ゴール コミック版

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年10月17日 08時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478039397
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0034

出版社内容情報

ユニコの神奈川工場長・新城悟郎は、採算悪化を理由に、突然、工場閉鎖を告げられる。残された時間は3か月。苦悩する新城だったが、学生時代の恩師ジョナに偶然再会。ジョナは、これまでの常識を覆す考え方で工場が抱える諸問題を次々に解明していく。企業のゴール(目標)とは何か――TOC(制約理論)の基本が学べる。

内容説明

ユニコの神奈川工場所長・新城吾郎は、長引く採算悪化を理由に、突然、本社から工場閉鎖を告げられる。残された時間はわずかに3か月。このままでは工場は閉鎖され、多くの人が職を失うことになる。半ば諦めかけていた彼だったが、学生時代の恩師ジョナに偶然再会し、工場再建の意欲を燃やしはじめる。ジョナは、これまでの生産現場での常識を覆す考え方で、工場が抱える問題を次々に科学的に解明していく。そのヒントをもとに工場の仲間たちとたゆまぬ努力を続け、超多忙な日々を過ごす吾郎だった。だが、あまりにも家庭を犠牲にしてきたため、妻の純子は姿を消してしまう。仕事ばかりか、家庭崩壊の危機にもさらされた吾郎は…。『ザ・ゴール』を舞台設定を架空の日本企業に置き換え、原作のエッセンスをコンパクトにマンガ化。ストーリーを楽しみながら、全体最適のマネジメント理論であるTOCの基本がやさしくわかる。

目次

第1章 工場閉鎖の危機―残された時間はわずか3か月
第2章 会社の目標とは―新たな3つの指標
第3章 「理想的工場」の幻想―効率を高めれば目標から遠ざかる
第4章 久々の休日―ハイキングと工場で起きていること
第5章 窮余の一策―サイコロゲームが教えてくれたもの
第6章 「瓶の首」を探せ―何が工場の能力を決めているのか?
第7章 子どもたちのヒント―ドラム、バッファー、ロープ
第8章 1本の鎖と全体最適―継続的に利益を上げるために

著者等紹介

ゴールドラット,エリヤフ[ゴールドラット,エリヤフ] [Goldratt,Eliyahu M.]
1947‐2011。もともとはイスラエルの物理学者だったが、世界的な経営コンサルタントとして活躍。1984年に出版された『ザ・ゴール』は、革新的な内容に加え、異色の経歴もあいまって全世界で1000万人以上が読んだ大ベストセラーとなった。その中で説明した生産管理の手法をTOC(Theory of Constraints:制約理論)と名づけ、その研究や教育を推進する研究所を設立した。その後、TOCを単なる生産管理の理論から、新しい会計方法(スループット会計)や一般的な問題解決の手法(思考プロセス)へと発展させ、生産管理やサプライチェーン・マネジメントに大きな影響を与えた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

160
再読ボトルネックについてすごく勉強になった。2015/12/27

mitei

143
中々メーカーに勤めてる者にとっては示唆に富んだ内容だった。在庫削減とかコストダウンとか色々言うが制約のあるものを中心に流れを見るというのが、非常に新鮮に感じられた。2014/12/28

molysk

44
TOC(制約理論)は、全体最適のマネジメント理論。人や組織の間に仕事のつながりがあり、それぞれの人や組織の能力にバラツキがあるなら、仕事の流れのどこかにボトルネックがある。このボトルネック、つまり制約に集中して改善していくことがTOCの核心である。全体の効率は、ボトルネックによって決まる。市場の需要や工場能力のバラツキはつながりで蓄積されるため、全体の効率を上げるには、非ボトルネックにおけるゆとりが有益となる。「学ぶことの最大の障害は答えを教えることではないか?」この問いが著者の真摯な姿勢をうかがわせる。2020/07/19

ゐづる

30
効率の悪い工場をTOCという理論で一気に利益を生み出す工場にするお話。一つの製品を生み出すまでに、流れが詰まる所があるのでそれにペースを合わせましょうという理論のようです。頭では分かってるけどなかなか・・・詰まる所に合わせろったって、そう簡単じゃないし、難しいですね。この話みたいにうまく行けば、出世もあるかもしれません。2015/03/10

thinking_sketch_book

27
★★★★★ 漫画にするとわかりやすい。ボトルネックを探すところ。ボトルネックが全体のスピードを決めること。ボトルネックの停止時間は全体の停止時間になること。停止させないようにすること(人、物)。…流れが読みやすくてさらっと読める。以下備忘録step1制約を見つける。2制約をどう徹底活用するかを決める。3他の全てをステップ2の決定に従わせる(スピード、負荷分散、タイミング、装置の前に段取りしておく。やりやすい形で渡す)。4制約の能力を高める(他の機械を使う。休まず使う)。5制約が解消したらステップ1に戻る2017/04/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9018744

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。