ひとり社長の経理の基本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478026700
  • NDC分類 336.9
  • Cコード C2034

出版社内容情報

この1冊で、ひとり社長に必要な「経理」のすべてがわかる!「何が経費で落ちるのか」といった基本から、税務申告のやり方まで丸ごと!経理実務を極限まで簡略化。それが「?@集める、?A記録する、?Bチェックする」という3ステップ経

内容説明

3ステップ経理術で、明日からできる!この本で、会社のお金をしっかり守る!「ひとり社長」が知っておくべき経理の基本を徹底解説!特別付録・経費かどうかがわかるシート。

目次

第1章 9割の社長が知らない「経理のホント」(経理とは、「経営管理」の略称である;経理がわからないと、会社は潰れる! ほか)
第2章 3ステップ経理術ステップ1―集める(売上と経費の証拠を集めよう;大切なのは、「すべて」集めること ほか)
第3章 3ステップ経理術ステップ2―記録す(記録には、会計ソフトを使おう;細かく入力しなくていい。ポイントをおさえる! ほか)
第4章 3ステップ経理術ステップ3―チェックする(請求と支払いは、毎月必ずチェック!;「記録する」に間違いはないか? ほか)
第5章 超簡単!「決算・申告」はこれでOK!(「決算・申告」に必要な書類をそろえる;これでわかった!税金の計算 ほか)

著者等紹介

井ノ上陽一[イノウエヨウイチ]
1972年大阪府生まれ。宮崎県育ち。税理士。大学卒業後、総務省統計局に勤務し、税理士受験に挑戦。合格し、税理士資格を取得。2007年に独立を果たす。「マイクロソフトMVP for Excel」の資格を所持。税理士業務に加えて、セミナー・執筆なども手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひなた

12
基本は「集める」「記録する」「チェックする」。書類の管理や経理が苦手と思っている人にオススメの本。とても分かりやすく、後半には決算書類を自分で書く方法まで細かく書いてありましたが、パソコン自体が苦手な人には難しいかも?2016/08/05

Risa Shimowada

2
1時間半程で読め分かり易い。社長の出費は現金勘定ではなく、貸付金が良いとレビューで見かけて気になっていたが、現金収支合わせの手間がなくなるというだけの話だった。まあ役立つけど。80%の精度でいいとかレシートは袋に入れていけばいいとか、教科書的で無いアドバイスがあり、やってはいたが御墨付きをもらえて安心できる。 都度収支記録して確認しろというのはどこでも言われるが去年やったがメリット感じない。支払いも全部自分でやってある程度把握できてるからかもしれ無い。 最後の申告書の書き方はやはり簡単ではなく、来年も憂鬱2016/12/12

Masaaki Aoki

1
レシートの収集など簡単ななことから、実際の申告書の書き方(難しそう…)な内容まで、かなり分かりやすく書かれている。 決算のためだけでなく日々の分析のためにも、自分で経理をやってみようと思わせてくれる。 今回は図書館で借りたが、実際に事業を始める際には手元に置いておきたいと思った一冊。2019/01/12

ゆずねこ

1
P.130 社長借入 P.138 参考になる2018/07/28

yos0430

1
一言で、経理の効率化を追求した本です。といっても、サイズ的には広く浅くの印象。紙(レシート契約書)の扱いや、効率的な記帳方法が浅く広くまとまっています。申告する、記帳するというと、ちゃんとやらなきゃ。。。と身構えますが、何をちゃんとすべきか?のコツが要点良くまとまっています。節税のノウハウ、P/L,B/Sの読み方など、起業し立ての人にお勧めです。事務所に丸投げもイイですが、記帳することで経営を透明化できることも一つの有益な点です。経理のコツを掴んで楽しましょう!2014/09/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8030163

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。