起業は1冊のノートから始めなさい―「事業プラン」から「資金計画」までを可視化する起業ログのススメ

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

起業は1冊のノートから始めなさい―「事業プラン」から「資金計画」までを可視化する起業ログのススメ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月08日 05時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478023624
  • NDC分類 335
  • Cコード C0034

内容説明

起業で成功している人の秘密・ノウハウを大公開!「起業までのスケジュール管理」「ビジネスモデルの検討」「スキルアップ」から、「人脈形成」「起業家マインドの強化」「事業計画書の作成」まで。

目次

第1章 起業で成功する人はみんなノートをつけている
第2章 なぜ起業したいのかノートに書いてみる
第3章 先に独立する日を決めてしまおう
第4章 アイデアを300個以上書き出そう
第5章 起業の不安を書き出せば、心の準備ができる
第6章 足りないスキルとノウハウをまとめておこう
第7章 ノートを使って人間関係力を高めよう
第8章 事業計画を練り上げ、起業のスタートラインへ!

著者等紹介

上野光夫[ウエノミツオ]
(株)MMコンサルティング代表取締役、中小企業診断士。1962年、鹿児島市生まれ。九州大学を卒業後、政府系金融機関である日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)に26年間勤務し、主に中小企業への融資審査の業務に携わる。出会った経営者は3万人を超え、担当した融資の総額は約2000億円にのぼる。とりわけ「創業融資」に注力し、約5000名の起業家に対する融資を担当した。2011年4月にコンサルタントとして独立。同年9月に(株)MMコンサルティングを設立、代表取締役に就任。起業支援コンサルティング、資金調達サポートを行うほか、研修、講演、執筆など幅広く活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

放蕩長男

11
独立起業準備する方策のひとつとして、起業ノートをつけることを勧める本です。スケジュール管理、ビジネスモデルの検討、スキルアップ、人脈形成、その他。アイデアは300個以上書き出そう、というワードが印象的でした。起業した事業は、99%が5年以内に消えて無くなります。やはり、アイデアが豊富な頭を持っているかどうかは、大事なのですね。 そういえば、ノートのつけ方って人それぞれだと思いますが、ノートのつけ方に特化した本って、見かけたことありません。昔の学者のノートなんかは見たことありますが。お手本、無いかな。2016/09/23

かず

6
5年前に起業しようと思ったときに購入した本。起業を断念して再度手に取ってみた。計画し、自信をもって起業するためにいろんなことをノートに書き留めておくことを進める本。10年持つ会社が10軒にひとつとするなら、これでも不十分か。運もたぶんに必要なんだろうな。おそろしや。2019/05/01

まる

6
よくある起業のノウハウ本とは違って、起業するまでの実際のプロセスに関するノウハウ本。実際、こういうのが必要なんだろうと思う。まずはアイデアを絞り出すことから始めよう。2016/09/25

ゆき

6
febeでヘビロテ中。専用のノートを作る。メンタルを整える。 やりたいこと、できることを書きだすなど、やることを順序立ててあげてくれている。2016/03/08

てるこ

5
起業したいけど何から始めようかと悩んでいる人向けの教科書&トレーニングブックという感じ。読んでいるとワクワクしてくる。◆結局は「起業ノート」になんでもストックしなさいよ、ということだが、具体的に書く内容、考える事柄、アクションが分かりやすく書かれている。◆「起業する」ことがゴールではなく、事業を長く続けていくための準備を始める。◆書くから実現する。不安も書いて客観視して、解決策を考えてまた書く。このところ手帳術・ノート術に関する本を複数読み、手書きの威力を感じている。次は私自身が体感したい。ノート買うぞ。2017/11/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7143098

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。