ビジネス構造化経営理論―顧客に選ばれ、企業価値を生み出す

個数:

ビジネス構造化経営理論―顧客に選ばれ、企業価値を生み出す

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月19日 04時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 676p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478012673
  • NDC分類 335.1
  • Cコード C0034

内容説明

ビジネス全体を構造的に捉え、全体の戦略と個別の戦術を最適化する画期的な理論とフレームワーク。多様化、複雑化を極める企業活動のなかで、どうすれば、事象に振り回されることなく、最適な戦略を構築できるのか。刻々と変化するビジネス環境において、持続的に企業価値を高めるための「全体最適」のあり方を示す。

目次

第1章 経営概論―目的指向、全体・長期最適への構造ベースの企業経営(経営の本質;本質的経営である「ビジネス構造化経営」への三つの鍵、そして三つの経営基本要件;本質的経営である「ビジネス構造化経営」への三つの扉と七つの基本概念;本質的経営のフレームワーク:「ビジネス構造化フレームワーク」)
第2章 経営の基本理論(ビジネス構造(論)―企業ビジネスの全体俯瞰
企業戦略(論)―ビジネス構造ベースの価値創出戦略
ビジネスの運用(論):価値創出への継続的な構造ベース改革)
第3章 ビジネスの構造的枠組み―「ビジネス構造化フレームワーク」(Structure‐based Business Management Framework)(ビジネス構造化経営における「ビジネス構造化フレームワーク」の位置づけ;「ビジネス構造化フレームワーク(全体)」の構成
ビジネス構造化フレームワーク(個別)
改革サイクルフレームワーク)
第4章 ビジネス構造化経営の実践(ビジネス構造化経営適用の必要度合;ビジネス構造化経営適用の実際;企業個別要素および実リソースのマネジメント(論)
総括)

著者紹介

武井淳[タケイジュン]
現、Qunie Corporation(株式会社クニエ)マネージングディレクター。慶應義塾大学経済学部卒。アンダーセン・コンサルティング、(株)アクセンチュア、(株)ザカティー・コンサルティングを経て現職。20年以上に亘り、経営コンサルティングに従事し、製造業、金融業、電力・ガス業、鉄道業、商社、病院、IT業、建設業、サービス業などの内外企業および団体において、戦略立案、企業統合、自由化対応改革、民営化改革、業務改革、統制機構改革、IT戦略立案、人材管理改革などのプロジェクトリーダーを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)