公務員入門―「不況の時はやっぱり公務員」のウソ・ホント

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478009123
  • NDC分類 317.3
  • Cコード C0037

内容説明

元キャリア官僚が明かす「お役所勤め」の真実。仕事の内容・忙しさから、収入・待遇、将来の不安まで、公務員の本当は悲惨な実像がわかる。

目次

第1章 「公務員」とひとくくりで言っても…―最初に知っておくべきこと(公務員をめぐる大きな誤解;「公務員は…だ」の「…」に何を入れますか? ほか)
第2章 公務員の待遇は恵まれているのか?―収入面を検証する(公務員をめぐるゴールデントライアングル;平均給与―確かに高いが… ほか)
第3章 公務員は楽で安定しているのか?―仕事と身分保障について(なぜ公務員ばかりが批判されるのか?;役所の楽な仕事・大変な仕事の具体例 ほか)
第4章 公務員になって、こんなはずではなかった?―知っておくべき公務員のリスク(公務員にリスクがないなんて大ウソ;職業選択上のギャップに起因するリスク ほか)
第5章 心身の健康を脅かす“お役所仕事”のリスク―現状では避けがたい問題(現状の役所仕事に内在するリスク;人事異動・配属をめぐる諸問題 ほか)

著者紹介

山本直治[ヤマモトナオハル]
1974年長野県生まれ。中央大学法学部、同大学院法学研究科修了(修士)。国家公務員採用1種試験に合格し旧文部省(現文部科学省)に採用され、内閣官房副長官補室などを含めて6年間勤務。30歳のときに人材紹介会社に転じ、現在はロード・インターナショナル株式会社にてIT・コンサルティング業界などのヘッドハンターとして活動する傍ら、産業カウンセラーの資格を活かして公務員向けの転職支援情報サイト「公務員からの転職支援 役人廃業.com」も主宰する。資格試験学校のWセミナーや都内の私立大学などの講師として公務員採用試験対策講座の教鞭もとっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)