私をうつにした職場―働きすぎの人こそかかりやすい“ビジネス習慣病”に克つ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478007549
  • NDC分類 498.8
  • Cコード C0036

内容説明

ビジネスマンの必須知識となった「うつ」。その正体に週刊ダイヤモンド編集部が迫った。豊富なケーススタディを元に原因究明から処方箋までを掲載。

目次

第1章 こんな職場に誰がした―赤点職場の3大要因(職場がギスギスしだした;赤点職場の3大要因 ほか)
第2章 誰もがうつにかかりうる時代―頑張る人、デキル人ほど要注意(職場とうつの関係;私はこうしてうつになった ほか)
第3章 こころの骨折。うつ病対策―うつ病の発見法から治療法まで(うつ病の発見法・治療法・予防策;先端企業のメンタルヘルス対策 ほか)
第4章 この先職場はどこに向かうべきか―赤点職場脱出法(赤点職場がビジネスマンを蝕む;あなたの職場の感情を測ってみる ほか)
おわりに 不安定な時代を生きるために

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カッパ

13
うつに絞り込んでいるので読みやすい。うつの知識や現代の会社のうつに感じる人が多い理由。成果主義や中間管理職の負担などを論じた上でシュガー社員という面白い言葉を紹介。また、叱ることの大事さを示している。病院を紹介したり企業の取り組みを示しておりメンタルヘルスへの取り組みと対策まで考えられる良い本だと感じた。2016/11/20

gondan

0
★★★★★ 週刊ダイヤモンドらしく、ざまざまな企業の実例を挙げて、職場の鬱に関していろいろと取り上げており、深くはないがよくまとまって面白かったです。個人的には、柴田励司さんの企業の立て直しの話が面白かった。「うつになるまえに転職するべきだが、転職先もブラックだらけな気がする」と心に突っ込みを入れながら読みました。2010/12/23

neti2

0
ビジネス視点。混迷。2009/09/15

だい

0
今の職場がまさにギスギスした赤点職場です。 この本に出会えてよかった。 少しづつ変えていきたい。2018/07/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/119586

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。