週2日だけ働いて農業で1000万円稼ぐ法

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

週2日だけ働いて農業で1000万円稼ぐ法

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478006993
  • NDC分類 611.7
  • Cコード C2033

内容説明

農作業は週末だけ!250万円の資金があれば、高収益の農業経営ができる!3年で利益400万円→1000万円に増やした実践手法を紹介。

目次

序章 株で2000万円損した私が、農業で成功できたわけ
第1章 素人でも農業参入は簡単にできる
第2章 なぜ1000万円超の収入になったのか
第3章 一目でわかる!1年間の農業の流れ
第4章 誰も教えてくれない農業の裏技
第5章 農業は週2日の作業でできる
第6章 農業に参入してよい地域、悪い地域

著者等紹介

堀口博行[ホリグチヒロユキ]
札幌市内の大学を卒業後、会社員となり、起業家セミナーなどを担当する。その後、実家の父が体調を崩したのを機に、介護や農業の手伝いのため、北海道に転勤希望を出し、帰郷して現在に至る。会社勤務の傍ら、実家で行っていた長ネギを中心とした野菜栽培で、1年目は400万円、2年目は600万円、3年目には1000万円(利益ベース)を達成する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ころぶ

5
やったことない人が農業にトライする気持ちに「活!」を入れてくれる本。しかし、私はこんなにサクサク農業で生計を立てたり副業に出来たりするのかはちょっと疑問です。明確な根拠はないですが、儲かるならもっと一般企業やベンチャー企業、山師的な人がどんどん参入しているデータが出てくる気がするから。シルバー世代になったらトライしたいなと、本棚の隅に眠らせています。作者はこの本の印税で1000万円稼いだかもね。2011/10/27

TM

2
1000万稼げるかどうかは別だと思いましたが、これから就農しようとする人には向いてる本かと思います。作者の経験に即した極めて現実的で、また、堅実な農業経営本だと感じます。アレをやったほうがいい、ソレはやめた方がいい、どの地域でやったほうがいい、どれぐらいの時間を何に費やした方がいい、などなど具体的な例が出てくるので、本気就農の方は一読しても損はなし。 売り上げる方法というよりも、いかにコストを切り詰めるかに重きを置いた内容です。2012/04/25

たかぴ

1
成功本の中には波乱万丈な生き方をする人の本が多いと感じているが著者の堀口さんは農業に従事してからはすごくシンプルなことを実践していると思う。 無理をしない。徐々に拡大する。始める前にはしっかりと前準備(勉強)を行う。売れる作物を作る。全部自分ではしないで効率よく外注にお願いする。ただし、自分で理解はすること。常に対費用効果を考えて設備投資を行う。農作業は体力を使うので休みを取れるようにする。農機具は始めは中古を探す。無農薬野菜は作らない。個人売買は手間と売上が伸びない。農協に大量に出荷する。2019/04/27

田中

1
参考になる部分が多いが、表現が稚拙なところがあるためか、読んでいて疲れる時もあった。2011/08/08

mmmatomm

1
書いてあることを実行はしないけれど、趣味でやっている畑だけど、ちょっと色々試しながらやってみようかと思うようになった。2011/05/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/62905

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。