カモメになったペンギン

個数:
電子版価格 ¥1,188
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

カモメになったペンギン

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年10月27日 07時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 101p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478000342
  • NDC分類 336.3
  • Cコード C2034

内容説明

組織を変革し、成功に導くためのリーダーシップが、ペンギンのコロニーを舞台とした物語で分かりやすく示される。八段階の変革プロセスで変革を成功させる寓話シリーズ第三弾。

著者等紹介

コッター,ジョン・P.[コッター,ジョンP.][Kotter,John P.]
ハーバード・ビジネススクールの松下幸之助寄付講座リーダーシップ教授。マサチューセッツ州ケンブリッジに設立されたコッター・アソシエイツの創設者、会長。マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学卒業。1972年からハーバード・ビジネススクールで教鞭を取る。81年には34歳の若さで正教授に就くとともに終身教職権取得。これはハーバードの歴史のなかでも最年少記録である。現在はハーバード大学のみならず、世界中でセミナーや講演活動を展開中。現在マサチューセッツ州ケンブリッジに暮らしている

ラスゲバー,ホルガー[ラスゲバー,ホルガー][Rathgeber,Holger]
医療テクノロジー企業の世界的リーダーであるベクトン・ディッキンソンに勤務するモダン・グローバル・マネジャー。ドイツのフランクフルト出身。社会人としての最初の数年間はアジアで過ごした。2004年からはニューヨーク州ホワイトプレーンズに暮らしている

藤原和博[フジワラカズヒロ]
杉並区立和田中学校校長。東京大学経済学部卒業後、リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任。1993年からロンドン大学ビジネススクール客員研究員。96年より「フェロー」制度を人事部とともに創出し、自らその第一号となる。2003年都内では初めてとなる義務教育の民間人校長として現職に就任。同校に〔よのなか〕科や学校支援のためのボランティア組織「地域本部」を創設するなど、さまざまな教育改革の取り組みにより、文部科学大臣賞などを数多く受賞

野村辰寿[ノムラタツトシ]
アニメーション作家。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。現在、株式会社ロボットアニメーションスタジオケージ所属。さまざまな分野のアニメーションやキャラクターデザインを手がけ、絵本、イラストレーションでも活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Willie the Wildcat

76
変化への適応を組織、ヒト、そしてプロセスの観点で振り返る。概念を噛み砕いてくれる助っ人が、ペンギンたち。意識、見える化、そして土壌形成を踏まえQuick Winから新たな文化として根付かせる過程。如何に個性を活かすかと、如何に”異”を踏まえて前進させるかが転機。論理性を基礎として、感受性に訴えることができるかが問われる。小手先の手法で終わらせないためには、心底の信念と人間性は必須。あまりハイライトされていない気がするが、党首の引き際もお見事。文字通り、立つ鳥跡を濁さず! 2019/10/13

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

50
かわいい表紙ですが、寓話形式で書かれたビジネス書。ハーバードビジネススクールの教授による『企業変革力』『ジョン・コッターの企業変革ノート』に続く三作目。前二作が組織のトップに向けて「感情より理性に語りかけた」のに対し、本作は、中間層に情緒的に伝える内容になっています。自分達のコロニーがある氷山が溶け始めているのに気づいたペンギンが、変革チームを組織し、戦略を立て、行動習慣を見直して新しいライフスタイルを構築するというストーリーを通じて、著者の提唱する【8段階の変革プロセス】を学べるように構成されています。2014/10/22

けんとまん1007

39
行動変容。個人としても、組織としても。いろいろな場に当てはまる。最初の5人(限定はしないが)のチームの重要性が、一番、印象に残る。役割分担によるチーム力の相乗効果。もし、自分はそのチームのメンバーだとすると、誰になる(何を担う)のかな・・・。2020/10/11

ココロ

29
★★★ 「選択肢は二つ。うるさがるペンギン数羽を取るか、溶けて崩れ落ちる氷山の上で悲鳴を上げる仲間を取るか。私ならうるさがられるほうを取るわ」と言ったアリス、格好いい! こんな風に言い切れる人になりたいもんだ(アリスはペンギンだけど)。 変革するメンバーは、同じ能力でなく別々の能力を持った者が望ましいとのこと。私は5羽の中だと誰になるんだろう。私の周りの人はどうだろう。2021/06/20

パスティル

22
問題解決に導くには、どう自分が行動するべきか、様々な話し合いを通して、危機回避をしていきます。ビジネス書ですが、寓話なのであっという間に読めました。2015/10/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15773

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。