子どもの「こころの叫び」を聴いて!―笑顔を取り戻すための処方箋

個数:
  • ポイントキャンペーン

子どもの「こころの叫び」を聴いて!―笑顔を取り戻すための処方箋

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年10月28日 12時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784476033175
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C0011

内容説明

子どものこころはどのように傷つくのでしょうか。いじめ、不登校、引きこもり、虐待…“子どものこころの世界”を支えることが、今、求められています。

目次

第1章 子どものこころを支える(誰にも言えない「いじめ」の苦しみ(いじめられっ子の事例)
「いじめ」に潜む“こころの傷”(いじめっ子の事例)
現実が混乱し荒れるほど安心する“こころの中の災害”を抱える子どもたち ほか)
第2章 子どもの安全基地としての親のこころ(「母子同一化」をはばむ落とし穴;未解決な「こころの問題」を抱える母親たち;無意識に子どもを傷つける母親たちの心理 ほか)
第3章 親と子のこころの世界(“悲劇のヒロイン”の母親を持つ子どもたちの“こころの叫び”;誰も知らない日本型「ミュンヒハウゼン障害」と「ミュンヒハウゼン傾向」;「発達障害」というカテゴリーに閉じ込められた子どもたち ほか)
終章 小鳥が教えてくれたこころの交流

著者等紹介

網谷由香利[アミヤユカリ]
北海道生まれ。東洋英和女学院大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。博士(人間科学)。臨床心理士。専攻は臨床心理学、分析心理学。「佐倉心理療法研究所」所長。ユング派の分析家・織田尚生氏に師事。深刻なこころの傷を抱える多くのクライエントをサポートするセラピストとして、その驚異的力量が注目されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。