図と実例でわかる!税理士が知っておきたいシェアリングエコノミーの基本と税務―フリマ、スキルシェア、カーシェア、民泊

個数:

図と実例でわかる!税理士が知っておきたいシェアリングエコノミーの基本と税務―フリマ、スキルシェア、カーシェア、民泊

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年08月20日 05時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 156p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784474076938
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C2034

出版社内容情報

シェアリングエコノミーの基礎知識をはじめ、取引類型や税目ごとの留意点を、取引主体である提供ユーザー、購入ユーザー、プラットフォーマーの三者の視点から図や実例を用いてわかりやすく解説した書籍。

○シェアリングエコノミーになじみのない税理士でも理解できるよう、基本的な仕組みを図解し、税務上の留意点(所得区分、経費判断等)をわかりやすく解説。
○シェアサービスの種類別にポイントを説明することで、サービスの全体像や課税関係を掴み、適切なアドバイスができるようサポートする。
〇顧客から相談を受けた際のヒントとして、課税当局の最新動向のほか、近時の税務の潮流を登載。
〇業界特有の用語や関係法令を巻末に収録し、聞き慣れない用語が出てきた際に手早く確認できる。

目次

第1章 シェアリングエコノミーの概要(シェアリングエコノミーとは;普及・発展の背景 ほか)
第2章 シェアサービスの取引概要(取引仲介型;その他の取引類型)
第3章 税務上の留意点(取引主体ごとの概要;サービス提供ユーザーの税務 ほか)
第4章 シェアリングエコノミーと税をめぐる最新動向(新分野の経済活動の適正課税確保に向けた取組み;シェアリングエコノミーに対する税務調査の状況 ほか)

著者等紹介

矢冨健太朗[ヤドミケンタロウ]
公認会計士・税理士。KPMG/有限責任あずさ監査法人にて監査業務、企業買収・再生支援業務、海外業務などを経験。その後、公認会計士・税理士事務所を開設。現在はシェアリングエコノミー企業などへ関与するとともに、一般社団法人シェアリングエコノミー協会税制委員として活動している。税制委員としては、官公庁・シンクタンクなどとのシェアリングエコノミーに関わる税制の政策討議や政策提言、協会会員(事業者・個人)のサポートなどを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。