四国の仏像―いにしえの祈りのかたち

個数:
  • ポイントキャンペーン

四国の仏像―いにしえの祈りのかたち

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 187p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784473040749
  • NDC分類 718

内容説明

祈りの地四国ではぐくまれた個性的なほとけ50体を、渾身の新撮写真で魅せる!

目次

養花院
願興寺
金剛頂寺
庄薬師堂
正花寺
井戸寺
法喜院
安楽寺
歓喜寺
椎名持仏堂〔ほか〕

著者紹介

青木淳[アオキアツシ]
1965年東京都生まれ。専攻は日本美術史。国際日本文化研究センター客員助教授、高知女子大学大学院助教授をへて現在、多摩美術大学美術学部教授、博士(学術)。高知県地域文化遺産共同調査・活用事業プロジェクト代表

大屋孝雄[オオヤタカオ]
1955年東京都生まれ。写真家。日本各地の美術品・工芸品(国宝から民具まで)を対象とした美しい写真で知られる。骨董品を愛好し、近年は韓国の美術工芸にも目を向けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

四県32か寺、約50体の仏像の迫力ある写真と文章から、八十八ヶ所霊場を形成した四国地方の宗教文化の深層に迫ります。

【著者紹介】
多摩美術大学美術学部教授 博士(学術)。1965年東京都生まれ。専攻は日本美術史。国際日本文化研究センター客員助教授、高知女子大学大学院助教授をへて現在、多摩美術大学美術学部教授 博士(学術)。高知県地域文化遺産共同調査・活用事業プロジェクト代表。著書に『遣迎院阿弥陀如来像像内納入品資料』(国際日本文化研究センター)、村井康彦編『京の歴史と文化 1 雅』(講談社 共著)、水野敬三郎編『日本彫刻史基礎資料集成 鎌倉時代』(中央公論美術出版 共著)、『仏像の知られざるなかみ』(宝島社)、『日本仏像巡礼』(監修 徳間書店)。香美市立美術館「古仏との対話」展、多摩美術大学美術館「祈りの道へ─四国遍路と土佐のほとけ─」展監修。