且坐喫茶

個数:
  • ポイントキャンペーン

且坐喫茶

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 09時21分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 195p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784473040510
  • NDC分類 791

内容説明

今は亡き茶道の師匠から人生のすべてを学んだ、いしいしんじの心揺さぶる随筆集。

目次

「真剣」な茶の湯の空間
伸びていく
交差する
終わる、始まる
うつわ
いま
そのひ
きわだつ
奏でる
待つ
祇園会
こぼれる
浮きあがる
燃えさかる湯
島のお茶

著者紹介

いしいしんじ[イシイシンジ]
1966年、大阪府生まれ。京都大学卒業。2003年『麦ふみクーツェ』で第十八回坪田譲治文学賞を受賞。12年『ある一日』で第二十九回織田作之助賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

一亭一客の茶事から学んだエッセイ18篇を収録。作家・いしいしんじの美しい言葉が、茶室のなかでつむぎ出される。

〈作家・いしいしんじが綴る18篇の茶の湯随筆集〉
〈アロハシャツにジーンズ姿で茶道の門を叩いた、いしいしんじと亡き師匠との思い出〉

タイトルの「且坐喫茶(且く坐して茶を喫せよ)」とは、禅の言葉で「まぁ、お座りになってお茶でも飲みなさいよ」の意味。茶の師匠から人生のすべてを学んだという作家・いしいしんじは、アロハシャツにジーンズ姿で師匠の門戸を叩いたことからはじまりました。その茶観は、どのようにして形成されていったのか。本書では、著者が禅僧・牧師・茶人・現代画家・和菓子作家・陶芸家などを亭主とする一期一会の茶事に臨み、一亭一客の狭小の茶室のなかで坐して茶を喫した経験を通し、日本人の美意識、亡き師匠の思い出などを綴ります。月刊誌『なごみ』2014年連載「しゃざきっさ」に加筆をし単行本化。

【著者紹介】
作家

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件