野生めぐり―列島神話の源流に触れる12の旅

個数:
  • ポイントキャンペーン

野生めぐり―列島神話の源流に触れる12の旅

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784473040459
  • NDC分類 291.09

内容説明

日本列島に潜む無数の“他者”の記憶を辿る。人類学者と写真家が旅した「現代の野生」。

目次

第1章 獣と人(秩父・青梅―オオカミ信仰の山;太地浦―クジラの寄り来る海;北上大地―死者と舞うシシたちの踊り)
第2章 生命の山(諏訪―ヘビが渦巻く大地;富士山麓―命を受け継ぐ作法;熊野―アニミズムと復活の思想)
第3章 層を成す神話(鹿島灘―せめぎ合う陸と海;日南地方―南洋の面影を追って;秋田―藁の巨人、カシマサマ)
第4章 魂の技術(北宮城・南岩手―カマガミという「家」の魂;奥津軽―噴出する春の力;三陸海岸―山と海をめぐる船の魂)

著者紹介

石倉敏明[イシクラトシアキ]
1974年、東京生まれ。人類学者。97年よりダージリン、シッキム、カトマンドゥ、日本各地で聖者(生き神)や山岳信仰、「山の神」神話調査を行う。環太平洋の比較神話学に基づき、論稿、エッセイ、神話集等を発表。現在、秋田公立美術大学美術学部(アーツ&ルーツ専攻)講師。明治大学野生の科学研究所研究員

田附勝[タツキマサル]
1974年、富山生まれ。写真家。98年からフリーランスとして活動。十年間にわたってアートトラックを撮影した写真集『DECOTORA』(2007年)、東北の人々や風習などを撮影した写真集『東北』(2011年)、八戸市の小さな漁港の周辺を撮影した『魚人』(2015年)がある。2012年、『東北』で第三十七回木村伊兵衛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

オオカミ信仰の山、クジラの寄り来る海、土の仮面「カマガミ」──日本各地の聖地・民俗を、気鋭の人類学者と写真家が旅した記録。

〈人類学者と写真家が旅した、プリミティブなあらぶる日本〉
〈「自分探しの旅」「パワースポットめぐり」ではたどり着くことのできない、神話の源流に触れる「新しい旅」へ〉

日本各地の聖地・民俗を、気鋭の人類学者と写真家が旅した記録。「自分探しの旅」「パワースポットめぐり」ではたどり着くことのできない、神話の源流に触れる「新しい旅」へ。秩父・青梅に広がるオオカミ信仰の山、クジラの寄り来る太地の海、宮城県を中心に伝わる土の仮面「カマガミ」などを訪ねる道行きを、二人の想像力に満ちた対話と論考、写真で追体験する一冊です。月刊『なごみ』の連載に大幅加筆して単行本化。

【著者紹介】
人類学者

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件