小品絵画の魅力―日本画の愉しみ

個数:

小品絵画の魅力―日本画の愉しみ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年03月01日 00時07分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 151p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784473038579
  • NDC分類 721.9

内容説明

京都の名画商・鐵齋堂主人が「小品絵画」にスポットをあて、その魅力と新たな愉しみ方を提案。京都・東京画壇を中心に80余名の作品と値段の目安を紹介。収録図版総数270余点。

目次

1 京都画壇大阪画壇独学・無所属の画家(京都画壇(竹内栖鳳;都路華香 ほか)
大阪画壇独学・無所属の画家(北野恒富;寺島紫明 ほか))
2 東京画壇(横山大観;下村観山 ほか)
3 番外編(洋画―番外編1(中川一政;小林和作 ほか)
小品選―番外編2)

著者紹介

川崎正継[カワサキマサツグ]
昭和20年、京都生れ。立命館大学卒業後、「川正」の名で書画の目利きとして知られた父、川崎正一のもとで修業。同62年、先代の没後、京都「鐵齋堂」を継ぐ。京都画壇の絵画や江戸時代からの諸派の作品などを主に扱う。毎月6日、京都美術倶楽部で開かれる書画専門の交換会「八日会」の会主をつとめる。鐵齋堂社長、京都美術倶楽部理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

日本画の大家の作品も小品ならば身近おいて日々愉しめます。まずは、お気に入りを見つけてみませんか。

〈生活空間で愉しむ日本の近代絵画のための手引き〉
〈日本の近代絵画を知る、見る、そしてそばに置いて愉しむために〉
美術館などで鑑賞する絵画は画家の大作が多く、作品の完成度や芸術性は非常に高いものの、一般人の眼からすると別世界のものと感じられ、親しみを持ちにくいともいえます。そこで、現代の日常の生活空間の中で絵画を楽しむ一つの方法として、はがきサイズ(1号)から色紙・扇面程度の「小品」にスポットを当て、明治から昭和までの近代日本画家の作品と値段の目安を紹介し、絵画の魅力と愉しみを気軽に実感できる本とします。掲載作品は京都・東京画壇の日本画を中心に、一部、「番外編」として日本人の洋画も紹介します。

【著者紹介】
鐵齋堂主人