吉朝庵―桂吉朝夢ばなし

個数:
  • ポイントキャンペーン

吉朝庵―桂吉朝夢ばなし

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784473037671
  • NDC分類 779.13

内容説明

あの桂吉朝が帰って来た。ゆかりの深い人たちから、ひとり息子の著者が聞いて集めた想い出話。笑えて笑えて…ちょっと泣ける。十八番ネタの『くっしゃみ講釈』『深山隠れ』の特典CD付き。

目次

序 平成十七年十月二十七日国立文楽劇場
誕生から入門まで
内弟子時代
ひとりだち
出会いの時代
リリパットアーミー
悪友たち
受け継ぐ者として
震災の後に
上方の江戸前
一度目の入院
こらぼれーしょん
東住吉高校
二度目の入院
十一月八日

著者紹介

上田康介[ウエダコウスケ]
カメラマン。1983年、兵庫県尼崎市生まれ。幼少期より父・吉朝に落語会に連れていかれる。2007年ごろから、(株)共同写真企画でカメラマンとして活動開始

小佐田定雄[オサダサダオ]
落語作家。1952年、大阪市生まれ。77年に桂枝雀に新作落語『幽霊の辻』を書いたのを手始めに、米朝一門を中心に落語の新作や滅んでいた落語の復活、東京落語の上方化などを手がける。これまでに書いた新作落語は、『貧乏神』『茶漬えんま』『狐芝居』『マキシム・ド・ゼンザイ』など200席を超えた。90年に第7回咲くやこの花賞、95年に第1回大阪舞台芸術賞奨励賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

桂米朝の後継者として期待をされつつ2005年に世を去った桂吉朝の、CD付き回想録。

桂米朝の後継者と目されつつ惜しまれながら50年の生涯をとじた桂吉朝のCD付き回想録。七回忌を迎えるこの機会に一人息子・上田康介による父の回想を軸に、米朝師匠をはじめとする一門、交流のあった東西の落語家、下座囃子、狂言・文楽などの古典芸能界、小劇場の友人、放送作家など、同時代を生きともに戦いともに遊んだ人たちの言葉を集めて落語家・桂吉朝の芸と人柄を浮かび上がらせる。CDには「くっしゃみ講釈」「深山隠れ」を収録。

【著者紹介】
カメラマン