現代語でさらりと読む茶の古典<br> 茶話指月集・江岑夏書―現代語でさらりと読む茶の古典

個数:
電子版価格 ¥1,036
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

現代語でさらりと読む茶の古典
茶話指月集・江岑夏書―現代語でさらりと読む茶の古典

  • 谷端 昭夫【著】
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • 淡交社(2011/09発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 24pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 19時01分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 223p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784473037558
  • NDC分類 791

内容説明

『茶話指月集』は利休の孫千宗旦から聞いた利休に関する茶話を、高弟藤村庸軒が書き綴り、久須見疎安が編集して、江戸中期の元禄十四年に刊行した板本。『江岑夏書』は同じく宗旦から聞いた茶話を、三男の江岑宗左が嗣子に伝えるために記した筆録。いずれも、宗旦が実際に見聞きした利休の言動が、臨場感をもって書き綴られている。

目次

茶話指月集(現代語訳;茶話指月集について)
江岑夏書(現代語訳;付録・分類編;江岑夏書について)

著者紹介

谷端昭夫[タニハタアキオ]
1948年、京都生まれ。1978年、大谷大学大学院博士課程修了。文学博士。今日庵文庫研究員、茶道資料館課長を経て裏千家学園講師。茶の湯文化学会副会長。湯木美術館学芸部参与(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

茶の古典が現代語ですらすら読める新書判シリーズ。初回は利休の孫宗旦が語る利休の逸話と、宗旦の子江岑が語る茶湯話です。

〈読んでおかなきゃ、と思っていた方への福音本〉
〈利休の「あの話」が読める、ポピュラーな茶の古典〉
従来の茶の古典は、原文と対訳と解説、3本立てのお堅い本ばかりでした。読んでおかなきゃと思っていても高価だったり、買っても「積ん読」になっていたり。このシリーズは思い切って、現代語訳と語句説明だけにし、しかもバッグに入る新書判にしてスリム化・エコ化をはかりました。1巻目は、利休の孫宗旦が語った逸話と、宗旦の子・江岑が語った茶湯話を記した2冊をお届けします。耳にしたことのある逸話に、たくさん出会えます。

【著者紹介】
裏千家学園講師